荒尾市コンテンツ目次

  • 新型コロナウイルス感染症に関する荒尾市からのお知らせ
  • 市税や料金がコンビニ・スマホで納付できます。
  • 健康管理に「あらお健康手帳」をご利用ください
  • 「野原八幡宮風流」が国重要無形民俗文化財に指定されました!
  • AI チャットボット実証実験にご協力ください
  • 必要な手続きや持参物等が確認できる『くらしの手続きガイド』を始めます!
  • 令和2年7月豪雨に関する情報
  • 生活に困ったときはご相談ください

安心・安全一覧を表示する

ライフシーン一覧を表示する

市民生活ガイド一覧を表示する




ここがいいね、荒尾市

荒尾市の観光情報

荒尾干潟は平成24年7月3日付けで、ラムサール条約湿地に世界で2,054番目に登録されました。日本国内の干潟の約40%が現存する有明海で初めての登録となり、また日本国内で最も干潟を保有している熊本県内でも初めての登録となります。

ユネスコ世界遺産「万田抗」

万田坑は宮原坑(大牟田市)の南約1.5kmの位置に開かれ、三井の総力を挙げて整備された、わが国最大規模の竪坑です。平成27年(2015)7月、万田坑を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

宮崎兄弟資料館

宮崎家が荒尾に定住したのは、江戸初期のころであると言われています。初代・正之が荒尾手永の惣庄屋・古沢弥左衛門の娘をめとったのが、宮崎家の始まりです。

企業誘致プロジェクト

荒尾市では、地域と企業の共生発展の理念で、新たな投資や技術革新を生み出し、企業や地域の競争力を高め、経済の活性化が地域を改善させる、「地域と経済の好循環」の実現を目指します。

移住定住「あらお暮らし」

荒尾市は「住んでみたいまち、ずっと住み続けたいまち」を目指しています。

荒尾干潟水鳥・湿地センター

平成24年にラムサール条約湿地に登録された荒尾干潟の利用拠点施設として、環境省が整備した施設です。様々な展示物で荒尾干潟の魅力や価値を発信するとともに、荒尾干潟の保全・利活用や環境学習などの活動拠点としての役割も担っています。

  • セレクト:荒尾市の観光情報
  • セレクト:ユネスコ世界遺産「万田抗」
  • セレクト:宮崎兄弟資料館
  • セレクト:企業誘致プロジェクト
  • セレクト:移住定住「あらお暮らし」
  • セレクト:荒尾干潟水鳥・湿地センター

  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

荒尾市公式Facebookページ

荒尾干潟水鳥・湿地センター

広報あらお

広報あらおの最新号とバックナンバー


市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

荒尾市の人口情報

[令和3年3月31日現在]

  • 総数 51,321人
  • 男性 24,311人
  • 女性 27,010人
  • 世帯数 24,181世帯

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。


広告欄

  • あかつき法律事務所のバナーリンク画像(外部リンク)
  • いなば法律事務所のバナー画像、交通事故の法律相談、熊本の解決実数多数という文字が書かれている(外部リンク)
  • 医学部 予備校のバナーリンク画像、外部リンク
  • チャレンジプラザあらおのバナーアイコン画像(外部リンク)