ホームお知らせ市政情報みんなで語ろう!地域の未来 ~地区別にワークショップを開催しました~

ここから本文です。

みんなで語ろう!地域の未来 ~地区別にワークショップを開催しました~

2020年3月16日

本市では、人口減少が続く中でも、地域の特性を活かした持続的で魅力ある地域づくりを行うため、今年度、市全体のまちづくり計画である「第6次荒尾市総合計画」 の策定と合わせ、地区別の計画を策定することにしています。

総合計画策定に向けた現在の検討状況(サイト内リンク)

地区別の計画では、ワークショップを通じて把握した、住民の皆様が普段感じておられる「困りごと」「地域の誇り」を踏まえ、地域の未来について皆様で語り合い、今後進めていく取組みなどについてまとめていく予定です。 

※ワークショップとは、様々な立場の人が集まって、お茶などを飲みながらリラックスした雰囲気で自由に意見を出し合い、お互いの考えを尊重しながら意見をまとめていく手法です。

みんなで語ろう!地域の未来 ポスター画像

ワークショップチラシ(PDF 約838KB)

 

ワークショップの経過

8月から9月にかけて、各地区で1回目のワークショップを行い、地域の課題や魅力について対話を深めました。全地区で延べ270人程の人にご参加いただき、参加者同士頷き合う場面も多く見られるなど、にぎやかな雰囲気の中で進めることができました。

続いて、9月から10月にかけて、2回目のワークショップを行い、1回目で集まった意見なども踏まえながら目指す地域の姿について考え、そのために必要な取組みなどについて話し合いました。自分たちに何ができるかという視点で取組みを検討し、現在行っているものや今後行えそうなものについて改めて話し合いました。地域での解決が難しい課題などに対しては、市でも何ができるか検討していきます。

10月からは、3回目のワークショップとして、2回目で話し合った地区の目指す姿を実現するための取組みについて、検討を深めました。3回目は、平成30年度から実施している「あらお『しあわせ』探しトーク」も兼ねて開催し、市長や副市長、教育長を交えた対話の場となりました。

ご参加いただきました皆様、お忙しい中、ありがとうございました。集まったご意見を基に、今後、地区別計画として取りまとめます。

ワークショップ風景
テーブルごとに集まってワークショップを行っている写真 テーブル毎のセッションを一時中断し、説明者の話を聞いている写真 和室でのセッションで大きな紙に意見をまとめている写真
地図のようなものが書かれた大きな用紙を囲んでセッションしている写真 セッション結果を発表している写真 参加者がカラーペンを持って大きな紙に何かを書いてい写真

第1回ワークショップのまとめ

第2回ワークショップのまとめ

第3回ワークショップのまとめ

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ