ホームお知らせ市政情報市庁舎・市民病院で自治体版RE100を達成しました

ここから本文です。

市庁舎・市民病院で自治体版RE100を達成しました

2021年9月22日

市庁舎・市民病院でRE100を達成

 本市は令和3年3月にゼロカーボンシティ宣言を行い、市全体で二酸化炭素の排出量を削減し、地球温暖化対策を推進するため、電力の地産地消、公共施設への太陽光発電設備や蓄電池の設置に取り組んでいます。

 今年度、自治体版RE100(市公共施設で使用する全ての電力を再生可能エネルギー由来の電力で賄う)の取組として、市庁舎・市民病院で令和2年度に使用した電力から発生した二酸化炭素2,783トンに対し、2,749トン分のJクレジットを購入し無効化を行った結果、約99%の二酸化炭素排出量の削減を達成しました。

 このRE100の取組を継続し、公共施設全体の二酸化炭素排出量削減を実施するとともに、本年度策定する地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(仮称)において、再生可能エネルギーを活用したエネルギーの創出に取り組んでまいります。

太陽光パネル(荒尾総合文化センター)

パネルの写真

蓄電池(荒尾総合文化センター)

蓄電池の写真

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ