ホームお知らせくらし・手続き施設案内・予約宮崎兄弟資料館中国駐福岡総領事館からマスクが寄付されました

ここから本文です。

中国駐福岡総領事館からマスクが寄付されました

2020年5月18日

令和2年5月15日(金曜日)、中国駐福岡総領事館から荒尾市へマスク5,000枚が届きました。

 浅田市長と中国駐福岡総領事館から届いたマスクの画像



【写真 浅田市長と中国駐福岡総領事館から届いたマスク】

 今回の新型コロナウイルス拡大に関して、これまで荒尾市と中国駐福岡総領事館は、2月7日に本市から武漢市へ医療用プラスチック手袋26,000枚を寄贈したことをきっかけに、3月に康暁雷中国駐福岡総領事代理が来荒され、エタノール消毒液等50リットルとマスク約900枚を届けてくださるなど、共にこの困難を耐え忍び、乗り越えようとする両者の想いに基づいた交流を続けています。

荒尾市から武漢市へ医療物資支援 康暁雷(こうぎょうらい)総領事代理が荒尾市を訪問 日中友好の輪を広げて(サイト内リンク)

 マスクに添えられた「青山一道なれば、同じく風雨を担う」(青山も一緒に見る隣同士、この風雨を共に乗り越えようという意。唐の詩人・王昌齢の詩をアレンジしたもの)というメッセージは、まさにその象徴と言えるものであり、本市としましても、引き続き、中国駐福岡総領事館と連携し、この危機に向き合う取組みを実施して参ります。

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ