ホーム医療・福祉・健康予防接種成人・高齢者の予防接種令和5年度高齢者のインフルエンザ予防接種の費用助成

ここから本文です。

令和5年度高齢者のインフルエンザ予防接種の費用助成

公開日:2023年10月12日

早めにインフルエンザの予防接種を済ませましょう。 
新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種が可能ですが、同時接種が受けられるかどうかは、医療機関にお問い合わせください。

接種期間

令和5年10月1日から令和5年12月31日

接種回数

1回

接種にかかる自己負担額

1,000円

備考

生活保護世帯の人は、生活保護受給証明書(福祉課で発行)の提出することで、無料となります。

対象者

  1. 荒尾市に住所を有する接種日当日65歳以上の人
  2. 荒尾市に住所を有する60歳以上65歳未満の人で、身体障害者手帳1級の交付を受けている次のどちらかにあてはまる人。
  • 心臓、腎臓、呼吸器の機能に、自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいがある人。
  • ヒト免疫不全ウイルスにより、免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある人。

医療機関に持っていくもの

  • マイナンバーカード、健康保険証や介護保険証
  • 対象者2にあてはまる人は、身体障がい者手帳
  • 生活保護世帯の人は、市役所福祉課で発行される生活保護受給証明書

予防接種実施医療機関一覧

県内他市町村での接種を希望する場合

一部医療機関で助成が受けられます。事前に手続きが必要な場合がありますので、事前にすこやか未来課にお問い合わせください。

県外(大牟田市・みやま市の委託医療機関を除く)での接種を希望する場合

各医療機関が指定する接種料金を全額自己負担していただきます。

関連リンク

インフルエンザ総合ページ(厚生労働省ホームページ)

 

カテゴリー

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

荒尾市AIチャットボット
荒尾市AIチャットボット

ページトップへ

チャットボット

チャットボット

閉じる