ホームお知らせロアッソ熊本の選手が市長表敬訪問をされました

ここから本文です。

ロアッソ熊本の選手が市長表敬訪問をされました

2022年5月17日

ロアッソ.jpg 

 本県唯一のJリーグクラブであるロアッソ熊本が、2014年より「日本一地域に根ざしたクラブづくり」の具体的な取り組みの一環として、『ロアッソ熊本“火の国もりあげタイ!』を実施されています。

 今年度の担当自治体に本市が選ばれていることから、5月12日(木曜日)に、株式会社アスリートクラブ熊本 藏原信博(くらはらのぶひろ)専務取締役、荒尾市担当9選手のうち3選手(酒井選手、江﨑選手、田代選手)が浅田市長を表敬訪問されました。

 藏原専務取締役は「今後、選手たちと共にいろいろなところで荒尾市をPRしていきたい。」、浅田市長は「荒尾市民も一丸となって応援し、ロアッソ熊本のJ1昇格が実現できることを願っています。」と語りました。

 ロアッソの3選手からはそれぞれののぼり旗と市制80周年をモチーフとしたユニホームが贈呈され、そのお礼として、浅田市長が3選手に特産品の贈呈を行いました。

 このほか、選手の皆さんは「ロアッソ熊本企画展」を開催している、荒尾市立図書館へ移動し、その後、市内飲食店にてご当地グルメを堪能されました。

カテゴリー

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ