ホームお知らせくらし・手続き住まい建物の耐震化を支援します

ここから本文です。

建物の耐震化を支援します

2021年4月1日

荒尾市戸建て木造住宅耐震改修等事業

荒尾市では、「荒尾市建築物耐震改修促進計画」に基づき、民間建築物の耐震化を促進し、地震による被害の軽減を図り、市民の生命、身体及び財産を保護すると共に、安全で安心なまちづくりに取り組むため、昭和56年5月31日以前に着工された住宅や、地震により一部損壊以上の被害が出た住宅の所有者等に、耐震改修など費用の一部を補助します。また、「荒尾市耐震化緊急促進アクションプログラム2021」を策定し、市内住宅のさらなる耐震化促進に取り組みます。

詳しくは下部の関連資料をご確認ください。

事業の内容

表:荒尾市耐震化支援事業補助一覧
事業内容 補助率   補助上限額 事業の説明 
耐震診断

 3分の2

 9万円

耐震診断士を派遣し、

耐震性の有無について

調査する費用の補助

耐震改修設計  3分の2  20万円

補強方法や場所等を検討し、

補強工事のために設計図を

作成する費用の補助

耐震改修工事  2分の1  60万円

補強設計図に基づき工事を

行う費用の補助

耐震建替え工事  23%  60万円

 耐震性が無い住宅を現地に

建替えする費用の補助

耐震シェルター工事  2分の1  20万円

住宅内の一部に木材や鉄骨で

強固な箱型の空間を作り安全を

確保する工事を行う費用の補助

耐震改修設計

+耐震改修工事

 5分の4  100万円

耐震改修設計と耐震改修工事を

合わせて工事する費用の補助

耐震建替え設計

+耐震建替え工事

 5分の4  100万円

耐震建替え設計と耐震建替え

工事を合わせて工事する費用の補助

対象要件  

戸建木造住宅で、昭和56年5月末までに工事着手した住宅または熊本地震で被害を受けた住宅。

※耐震診断に関しては、昭和56年5月末までに工事着手した住宅が対象。
※熊本地震による被害については、り災証明書が必要となります。
※この他にも要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。 

申し込み方法

申請受付は、予算の範囲内による先着順になります。
申し込み時期や状況によって、次年度の対応になる場合があります。

詳しくは荒尾市役所建築住宅課へお尋ねください。

問い合わせ先

建築住宅課建築営繕係(電話番号:0968-63-1498)

関連資料

荒尾市アクションプログラム2022 (PDF 82KB)

荒尾市耐震改修等案内チラシ (PDF 1.35MB)

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ