ホームお知らせくらし・手続き施設案内・予約宮崎兄弟資料館今年も「友情の梅」が咲きました

ここから本文です。

今年も「友情の梅」が咲きました

2022年2月2日

令和4年は昨年より3週間ほど早い開花となりました

宮崎滔天と孫文の友情を今に伝える「友情の梅」が今年も開花しました。

今年の開花は昨年より3週間ほど早く開花したものの、その後、寒い日が続いたため、現在は少しずつゆっくりと開花してきています。

令和4年2月1日現在、二分咲きとなっており、見頃は2月上旬ごろと予想されます。

20220201友情の梅開花.jpg

「友情の梅」と呼ばれるこの木は、大正2年(1913年)に孫文が辛亥革命成功のお礼のために荒尾を再訪した際に撮られた写真に写る梅と伝わっており、樹齢250年から300年の白梅です。(※二枚目の写真背景に写っている梅の木です。)

【HP掲載用】孫文宮崎生家集合(1913年来荒).jpg

宮崎家の遠祖は菅原道真公と言われており、宮崎家の先祖が太宰府天満宮から移し植えたものと伝わっています。

生家の庭には無料でご入場いただけますので、お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。

※ご入場の際にはマスクの着用など、新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をよろしくお願いします。

【HP掲載用】20220201友情の梅2.jpg

 

カテゴリー

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ