ここから本文です。

宮崎家の女性たち

公開日:2021年1月1日

宮崎サキ(兄弟の母)1829年から1909年

宮崎サキの写真

サキは現長洲町近郊の素封家・永屋家の長女として生まれ、長蔵との間に八男三女をもうけました。武芸者であった夫・長蔵の気風を受け、「畳の上で死するは男子なによりの恥辱なり」と子どもたちに語って育てたといいます。

また、民蔵・彌蔵・滔天が、革命を成し遂げるために日清戦争の徴兵を逃れる方法について話しあっていたのを聴きつけたサキは、「百姓の子までお国のためにと喜んで征くのに、己の子ではない。この家の子ではない。お前らを追い出して割腹し、ご先祖父上に申し訳する。出ていけ!」と、怒りに打ち震えて激しく泣き崩れたことがありました。しかし兄弟が、戦争に行くのではなく、それぞれの目標を達し人のために働くことでお国の役に立つのが目的であることを告げると、サキは「それで安心した。例えそのことで国賊の母と嘲り罵られても我慢する」と言い切ったといいます。郷士として、宮崎家の人間としての誇りを子どもたちに身を持って諭した人物といえます。

 

宮崎ツチ(滔天の妻)1871年から1942年

宮崎ツチの写真

ツチは現玉名市天水町の豪農、前田案山子の三女として生まれました。姉で二女のツナは夏目漱石の「草枕」のヒロイン・那美のモデルであることが知られています。

前田家は民権運動のメッカであり、その家風を受け育ったツチは岸田俊子(女権拡張運動家・作家)が前田家を訪れた際、11歳で「学問ヲ勧ム」の題で演説をしたという話が残っています。梅花女学校(現大阪市の梅花学園)などで学び、早朝の有明海の砂浜を裸馬に乗って駆けることを日課にしていたという女性でもありました。

滔天と恋愛結婚で結ばれた後は、生活に追われながら革命資金を調達することに明け暮れました。滔天に家計の相談をしても「革命のための金は出来るけれども、妻子を養ふ金は出来ない」と顧みなかったため、ツチは下宿屋や石炭販売、石灰販売などを営みましたがいずれも上手くいきませんでした。

1897(明治30)年、孫文が宮崎家に滞在した際は、ミイとともに「刺身や味噌汁や煮肴や、お寿司や鰻や、出来るだけの努力を払って、ありつたけのご馳走をしました」と回顧しています。

志を遂げようと奔走する夫・滔天に尽くし続けたツチですが、そのさまは、同士の一人であったとも言えるでしょう。

 

宮崎ミイ(民蔵の妻)1873年から1972年

宮崎ミイの写真

ミイは、三池村(現大牟田市)に立花家の次女として生まれました。立花家は柳川藩家老で、ミイの兄・小一郎は、民蔵が学んだ銀水義塾の塾長であり、民蔵と親しい関係でした。民蔵は自ら立花家に出向き、ミイとの結婚を決めて来たというエピソードが残っています。

宮崎家に孫文が滞在した際、民蔵は欧米見学旅行中で留守であり、ミイは滔天の妻・ツチとともに孫文をもてなしました。また、1910(明治43)年、大逆事件の容疑が民蔵に掛かったとき、民蔵は京城(現ソウル)にいて不在にしていたため、ミイが代わりに取り調べを受けています。革命資金のために借金を重ね、田畑が何重にも抵当に入り、ミイが債権者に囲まれることも多々あったといいます。当主・民蔵が留守がちにする中、ミイが宮崎家を支えていたのです。

 

宮崎燁子[みやざきあきこ](柳原白蓮/滔天の長男・龍介の妻)1885年から1967年

宮崎あきこの写真

「筑紫の女王」と讃えられた燁子(あきこ)は、伯爵・柳原前光の妾腹の子として生まれました。前光の妹は大正天皇の生母にあたり、大正天皇と燁子はいとこ同士にあたります。

16歳で北小路資武と結婚させられるも21歳で離婚。27歳のとき25歳年上の炭鉱王・伊藤伝右衛門と再婚。

燁子は北小路家から離婚したのち、歌人で国文学者の佐々木信綱に師事し、歌人として知られるようになっていました。伝右衛門との結婚後の1918(大正7)年に雑誌「解放」に発表した戯曲「指鬘外道」を通じて知り合ったのが宮崎龍介、滔天の長男でした。

1921(大正10)年10月23日の朝日新聞に燁子から伝右衛門への絶縁状が公開されます。姦通罪があった当時、燁子は龍介とともに命がけで駆け落ちしたのでした。その後離婚が成立し、燁子は龍介と結婚します。

龍介が結核に倒れた時は燁子が家計を支え、晩年は視力を失ましたが、龍介の介護のもと穏やかで幸福な生活を送ったと伝わっています。

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

ページトップへ

チャットボット

チャットボット

閉じる