ここから本文です。

宮崎兄弟の生家

2011年12月5日

宮崎兄弟の生家の写真

 

宮崎兄弟たちが孫文への支援をはじめ、革命運動に奔走した結果、先祖から引き継いできた資産のほとんど失いました。

 宮崎家10代目当主・民蔵が昭和3年(1928年)に亡くなった後、その多額の負債整理のため、宮崎兄弟の生家は競売されることになりました。生家は人手に渡ったものの、保存状態が良かった為、昭和48年(1973年)8月27日に熊本県指定史跡となりました。

 荒尾市が市制50周年を迎えたのを機会に、平成4年(1992年)に荒尾市が生家の復元整備を行い、平成5年(1993年)6月から一般公開され、現在に至ります。滔天をはじめとした宮崎兄弟たちの中国に対する友情の歴史から日中友好のシンボルとして今なお国内外から注目されています。

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

チャットボット

チャットボット

閉じる

ページトップへ