ホーム医療・福祉・健康健康母と子の健康づくり特定不妊治療費助成事業

ここから本文です。

特定不妊治療費助成事業

公開日:2024年4月1日

特定不妊治療費を一部助成します

 荒尾市では、不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、令和6年4月1日から特定不妊治療(生殖補助医療)に要する費用の一部を助成します。

助成対象となる治療

保険診療の適用となる体外受精、顕微授精、男性不妊治療
備考 文書料や個室料など、治療に直接関係ない費用は除く。

助成回数

治療開始時の妻の年齢が

40歳未満 : 通算6回
40歳以上43歳未満 : 通算3回

備考 出産又は妊娠12週以降に死産に至った場合は、これまで受けた助成回数をリセットできます。

 

助成額

1回の治療につき上限100,000円

備考 本人負担額から高額療養費、付加給付額を差し引いた額と上限額とを比較して低い額を助成します。

助成対象

1から5の全ての条件を満たす夫婦  

  1. 今回申請する治療を受けた日から申請日までの間、夫婦(事実婚を含む)の両方かいずれかが継続して荒尾市に住民登録があること
  2. 夫婦のいずれかが医療機関で不妊症と診断されていること
  3. 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること 
  4. 他の市町村からの助成を受けていないこと
  5. 夫婦のいずれも市税の滞納がないこと

申請方法

1回の治療が終了した日の属する月の翌月1日から1年以内(例:最終治療日が令和6年1月1日の場合、申請期限は令和7年1月31日)に以下の必要書類を、すこやか未来課へ提出してください。
市で申請内容を審査後、結果を申請者に通知します。

備考 待ち時間短縮のため、申請に来られる前に下記までご連絡ください。

必要書類

  1. 荒尾市特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書
  2. 荒尾市特定不妊治療費助成事業に関する同意書
  3. 荒尾市特定不妊治療費助成事業受診等証明書
    備考 1回の治療につき1枚、受診した医療機関で記入してもらう
  4. 治療に係る領収書及び明細書(原本)
  5. 振込先金融機関の通帳の写し
  6. 夫及び妻の保険証(写し可)
  7. 高額療養費及び付加給付の給付額が記載されたもの(決定通知書など)
    備考 高額療養費及び付加給付の支給がある場合のみ
  8. 事実婚関係に関する申出書
    備考 事実婚関係にある場合のみ
  9. 婚姻関係を証明する書類(戸籍謄本など)
    備考 婚姻関係にあり、夫婦のいずれかが荒尾市外に住民票がある場合のみ
  10. 市税の滞納がないことを証明する書類
    備考 夫婦のいずれかが荒尾市外に住民票がある場合のみ  

特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書 様式第1号 (DOCX 23.2KB)

特定不妊治療費助成事業に関する同意書 様式第2号 (DOCX 17.2KB)

特定不妊治療費助成事業受診等証明書 様式第3号 (DOCX 24.4KB)

事実婚関係に関する申出書(特定) 様式第4号 (DOCX 19.3KB)

一般不妊治療費助成事業

 荒尾市では、人工授精の費用の一部を助成します。詳しくは、『荒尾市 一般不妊治療』で検索してください。

 

カテゴリー

アクセシビリティチェック済み

このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。 › 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

荒尾市AIチャットボット
荒尾市AIチャットボット

ページトップへ

チャットボット

チャットボット

閉じる