荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

お知らせ

各カテゴリーと記事一覧(それぞれ最大5件までを表示)

1 2 3 次へ >>

1

[2020年6月9日] 万田坑のガイド再開について(6/19〜)

〔重要〕万田坑のガイド再開について(6月19日から) 自粛しておりました坑内でのガイドにつきまして、6...


2

[2020年6月2日] 万田坑の見学について

見学時間午前9時30分から午後5時まで(ただし、万田坑(有料区域)への入場は午後4時30分まで)休館日毎週...


3

[2020年6月1日] 万田炭鉱館

万田炭鉱館の画像 荒尾市の基幹産業であった石炭産業(炭鉱)の歴史やまちの暮らしや変遷を学習できる資料館です。展示ホ...


4

[2020年2月26日] 中止のおしらせ 3月20日(祝日・金曜)の万田坑ワンダーマッピン...

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、広報あらお3月1日号掲載の、3月20日(祝日・金曜日)に万田炭鉱...


5

[2020年2月18日] 高木尚雄写真展―記憶の未来を開催します

記憶の未来のチラシ(表)画像※詳細は本文に記述しています。※このイベントは延期いたします。万田坑構内を会場に、元炭鉱マンの高木尚雄(たかきひさお)氏が撮影した写真を、音楽や映像、残された機...


6

[2019年12月20日] 年末年始における万田坑関連施設の開館情報

年末年始における万田坑関連施設の開館情報 年末年始における万田坑、万田坑ステーション、万田炭鉱館...


7

[2019年11月25日] 「首里城復興支援募金箱」を設置しました

 令和元年10月31日未明に発生した火災で正殿などで7棟が焼失した沖縄県那覇市の首里城について、同じ...


8

[2019年11月12日] 万田坑の修理工事が始まります

倉庫及びポンプ室の画像これまで、建物の老朽化により見学できなかった「万田坑の倉庫及びポンプ室」、「安全燈室及び浴室」の...


9

[2019年10月11日] 10月22日(火曜・祝)は万田坑と宮崎兄弟資料館の見学料が無料です...

令和元年10月22日に即位礼正殿の儀が挙行されます。文化庁では、当日に即位礼正殿の儀の慶祝事業として...


10

[2019年9月9日] 万田坑フェスタ2019の飲食販売の店舗を募集します

今秋に開催します「万田坑フェスタ2019」会場での飲食販売の店舗を地元荒尾市を中心に募集します。実施...


11

[2019年9月9日] 万田坑フェスタ2019の出演団体を募集します

今秋に開催します「万田坑フェスタ2019」のステージイベントのひとつとして開催されます、万田坑フェス...


12

[2019年4月18日] 夜の万田坑で小学生対象のイベントを開催します

夜の炭鉱 万田坑のナゾをとけ!本市事業の万田坑の自由な活用プロジェクトで生まれた熊本大学生による...


13

[2018年10月30日] 世界遺産を周遊するスタンプラリーを実施します!

スタンプラリーチラシ画像 大牟田市・荒尾市・宇城市の「明治日本の産業革命遺産」をめぐる浪漫あぐれるスタンプラリー開催。歴史に触れながら商品をゲット。スタンプラリー 応募締め切り2019年1月10日 スタンプ設置場所:A三池港展望所 B宮原抗 C万田坑 D三角西港、こちらのイベントは終了しました。※こちらのイベントは終了しました三池エリアおもてなし推進協議会で”明治日本の産業革命遺産”をめぐ...


14

[2018年3月6日] 「世界遺産まちづくりシンポジウムin荒尾」を開催します

世界遺産まちづくりシンポジウムチラシ画像、こちらのイベントは終了しました荒尾市の万田坑及び専用鉄道敷跡が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産...


15

[2018年1月17日] 三池炭鉱 修復・公開活用計画について

平成27年7月、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が、第39回世界遺産委員会の決...


16

[2017年5月31日] 「モグラ茶会in万田坑」を開催します!

モグラ茶会チラシの画像 イベント終了しました。荒尾市では、皆さんに世界文化遺産に登録された万田坑の魅力をいっそう体感してもらい、世界遺産として...



1 2 3 次へ >>

前のページに戻る