荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

防災

各カテゴリーと記事一覧(それぞれ最大5件までを表示)

1 2 3 次へ >>

1

[2020年8月4日] 令和2年7月豪雨に係るり災程度に応じた支援制度

り災証明書に記載されたり災程度に応じた各種支援制度です。次のり災程度に応じた各種支援制度をご確認...


2

[2020年8月4日] 令和2年7月豪雨で被災されたみなさまへの支援制度について

この度の豪雨で被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。被災された住宅等への支援や生活再...


3

[2020年8月3日] 令和2年7月豪雨により被災した住宅の応急修理のご案内

令和2年7月豪雨で被害を受けられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。市では災害救助法に基づき、被...


4

[2020年7月27日] 被災証明願・り災証明書交付申請書

申請書・その他のダウンロード被災証明願(WORD 約17KB)被災証明願(PDF 約56KB)り災証明書交付申請書(WO...


5

[2020年7月13日] 荒尾市災害ボランティアセンターのボランティアを募集します

 この度の大雨により荒尾市内の関川流域を中心として、家屋の床上・床下浸水が発生しています。  そ...


6

[2020年6月24日] 「荒尾市国土強靭化地域計画」を策定しました

近年、熊本地震をはじめ大規模自然災害の脅威が増している一方で、災害に対する社会の在り方によって、...


7

[2020年5月15日] 避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

避難行動判定フロー確認のチラシ画像 台風・豪雨時に備えてハザードマップと一緒に「避難行動判定フロー」を確認しましょう。平時に確認。「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自宅の災害リスクととるべき行動を確認しましょう。避難行動判定フロー。あなたがとるべき避難行動は?必ず取組みましょう。※ハザードマップは浸水や土砂災害が発生するおそれの高い区域を着色した地図です。着色されていないところでも災害が起こる可能性があります。ハザードマップで自分の家がどこにあるか確認し、印をつけてみましょう。家がある場所に色が塗られていますか?塗られている場合は、災害の危険があるので、原則として自宅の外に避難が必要です。例外として、浸水の危険があっても、1.洪水により家屋が倒壊又は崩落してしまうおそれの高い区域の外側である。2.浸水する深さよりも高いところにいる。3.浸水しても水がひくまで我慢できる、水・食糧などの備えが十分にある場合は自宅に留まり安全確保をすることも可能です。※土砂災害の危険があっても、十分堅牢なマンション等の上層階に住んでいる場合は自宅に留まり安全確保することも可能です。次に、ご自身または一緒に避難する方は避難に時間がかかりますか?(はい)で時間がかかる場合は、安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人はいますか?(はい)の場合、警戒レベル3が出たら、安全な親戚や知人宅に避難しましょう(日頃から相談しておきましょう)。(いいえ)で、安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人がいない場合は、警戒レベル3が出たら、市区町村が指定している指定緊急避難場所に避難しましょう。ご自身または一緒に避難する方は避難に時間がかからない場合で、安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人がいる人は警戒レベル4が出たら、安全な親戚や知人宅に避難しましょう(日頃から相談しておきましょう)。ご自身または一緒に避難する方は避難に時間がかからない場合で、安全な場所に住んでいて身を寄せられる親戚や知人がいない人は、警戒レベル4が出たら、安全な親戚や知人宅に避難しましょう(日頃から相談しておきましょう)。ハザードマップで自分の家のある場所に色が塗られていない場合は、色が塗られていなくても、周りと比べて低い土地や崖のそばなどにお住まいの方は、市区町村からの避難情報を参考に必要に応じて避難してください。避難所における新型コロナウイルス感染症対策について 新型コロナウイルス感染症がまん延する状況にお...


8

[2020年4月1日] 建物の耐震化を支援します

熊本県戸建て木造住宅耐震診断士派遣事業熊本県では、今後の地震に備え、県民の皆さんが安心して住み続...


9

[2019年12月27日] 避難行動要支援者名簿情報の外部提供同意書を送付します

避難行動要支援者にかかる個人情報の提供(同意・更新)のお願い 荒尾市では、高齢者や障がい者の人など...


10

[2019年12月3日] 令和元年度荒尾市総合防災訓練を実施しました!

災害対策本部にてそれぞれの作業を行うスタッフの画像令和元年度荒尾市総合防災訓練を実施しました! 災害対策基本法、荒尾市地域防災計画に基づき、荒尾市...


11

[2019年11月27日] 荒尾市避難行動要支援者支援計画

荒尾市避難行動要支援者支援計画計画の背景・目的 荒尾市においては、平成21年3月に策定した「荒尾市...


12

[2019年9月4日] コミュニティ助成事業

放送設備の写真コミュニティ助成事業の概要コミュニティ助成事業とは財団法人自治総合センターが、宝くじの社会貢献広...


13

[2019年8月1日] 危険なブロック塀等の除去を支援します

危険ブロック塀等安全確保支援事業正しく施工されていないブロック塀や、老朽化して傾いたブロック塀は...


14

[2019年7月1日] 荒尾市地域防災計画を策定しました

計画の目的 この計画は、災害対策基本法第42条の規定に基づいて荒尾市の地域に係る防災に関し、必要な...


15

[2019年6月18日] 「警戒レベル」による防災情報の発信を始めました

避難勧告等の防災情報の提供内容が、状況に応じた危険度を直感的に理解できるように、「警戒レベル」を...


16

[2019年5月21日] 荒尾市内の土砂災害警戒区域等

注意事項 こんな前ぶれに注意しましょう 「土石流」・山鳴りがする。・雨が降り続いているのに川の水位が下がる。・川がにごったり、流木が流れる。・腐った土の臭いがする。 「地すべり」・地面にひび割れができる。・井戸や沢の水がにごる。・がけや斜面から水が噴き出す。・家やよう壁に亀裂が入る。 「急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)」・がけからの水がにごる。・がけに亀裂が入る。・小石が落ちてくる。・がけから音がする。 ※土砂災害の前ぶれを見たり聞いたりした場合は、早めの避難を心掛けましょう。荒尾市内の土砂災害警戒区域等指定状況荒尾市においては現在、土砂災害警戒区域(イエローゾーン)及び土...



1 2 3 次へ >>

前のページに戻る