荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾干潟ロゴマークが決定しました

更新日:2018年11月26日

国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地に登録されている荒尾干潟について、広くその魅力を発信する際に活用する荒尾干潟ロゴマークを、平成30年6月1日から9月28日間に公募しました。
国内外から640点の応募をいただき、公開選考等5回の選考を行い、以下の作品がロゴマークに決定しました。

決定した荒尾干潟ロゴマークのイラスト画像


製作者/ 松尾高明(まつおこうめい) 様 (荒尾市出身)

 

 浅田市長とロゴをデザインした松尾さんがロゴを持ってうつっている写真

写真左:浅田敏彦 荒尾市長、写真右:松尾様

作品の説明

決定した荒尾干潟ロゴマークの説明画像


このマークは、自然と生きものが共存している荒尾干潟の渡り鳥、干潟と夕陽の光景をデザインしています。
外側の大きな丸は地球をあらわし、その輪は干潟での生態系の循環サイクルの流れも表しています。
荒尾市の鳥「シロチドリ」を、渡り鳥、生きものの象徴として中央に配置し、背景には干潟および干潟での生態系循環サイクルの流れを表現し、小さな丸は太陽で有明海の夕陽を表現しました。

ロゴマークの使用について

荒尾市がロゴマーク著作権を有しています。ロゴマーク使用を希望される場合は、荒尾市環境保全課までお問い合わせください。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾干潟水鳥・湿地センター
電話番号:0968-57-7444この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る