荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

第2回野鳥・自然観察会「ラムサール条約湿地でバードウォッチング」

更新日:2019年11月8日


荒尾干潟水鳥・湿地センタープログラム 第2回野鳥・自然観察会

「ラムサール条約湿地でバードウォッチング」

渡り鳥、ハマシギが水辺にいる画像


 

渡り鳥の季節がやってきました。荒尾干潟にやってくる野鳥を観察してみませんか?

 秋が深まり、荒尾干潟には次々に渡り鳥が飛来してきています。前回の野鳥・自然観察会では、シロチドリやダイゼンなどを見ることができました。今回も水鳥・湿地センターのセンター長が、観察のポイントや飛来する渡り鳥についてわかりやすく説明します。

日時

令和元年11月17日(日曜日)午前10時から午前11時30分

場所

蔵満海岸(集合場所:荒尾干潟水鳥・湿地センター)

持ってくるもの

帽子、動きやすい靴、飲み物、双眼鏡など

※双眼鏡は貸し出しもあります。

参加料

無料

定員

先着20名

講師

荒尾干潟水鳥・湿地センター長 中村 安弘

その他

  • 小学生以下の人は、保護者同伴でご参加ください。
  • 雨天の場合は中止です。

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾干潟水鳥・湿地センター
電話番号:0968-57-7444この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る