荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

空家・空地バンク事業について

更新日:2021年8月1日

 荒尾市では、市内に存在する空家の有効活用を通して移住定住の促進や地域の活性化を図るため、空家・空地バンク事業を実施しています。空家・空地バンク事業とは、市内にある空家や空地の売却・賃貸を希望する所有者が空家・空地バンクに登録し、市ホームページ等を通して、空家や空地の購入・賃借を希望する人に情報提供を行うものです。

 なお、令和3年8月1日から空家バンクに空地、空家を解体する予定の土地(いずれも登記地目が宅地のみ)を対象に追加しました。

 登録対象物件の説明画像、空家、長い間空家になって住む予定がない、売りたい・貸したい など、農地付き空家、空家の近くにある農地も一緒に売りたい など、空地(登記地目:宅地のみ)、宅地を相続したが建築予定がない、空地の管理が大変で売りたい など、空家を解体する予定の宅地、建物が古くて空家では売れないので、更地にして売却しよう など



 

空家・空地バンクへの物件登録の流れ ( 売却・賃貸 )

 1.登録申込

物件の売却・賃貸を希望される人は、下記の書類を提出してください。 

2.物件調査

所有者・担当不動産業者・荒尾市の三者立会いで物件を確認します。

3.媒介契約

荒尾市と協定を結ぶ熊本県宅地建物取引業協会の会員(不動産業者)と媒介契約を結んでください。

4.物件登録

媒介契約の締結後、空家・空地バンクに登録します。

物件登録の後、市ホームページなどで物件の紹介を行います。

5.その他の様式

 

空家・空地バンク登録物件の利用の流れ (購入・賃借)

1.利用申込

空家・空地バンク登録物件の利用(購入・賃借)を希望される人は、次の書類を提出してください。

2.利用登録の決定

利用申込書類の審査後、荒尾市が利用登録者として決定します。

3. 媒介契約

申し込んだ物件を担当する不動産業者と媒介契約を結んでください。

4.売買・賃貸借契約

売買・賃貸借契約を結びます。契約成立時に、仲介手数料が発生します。

 

※空家・空地バンクの利用上の注意

 荒尾市では物件の交渉・契約等に関して関与しません。荒尾市と協定を結ぶ熊本県宅地建物取引業協会の会員を仲介して、交渉・契約を行ってください。 

 

 現在取引できる登録物件一覧は、下記リンクよりご確認いただけます。

 

 農地付き空家バンクについては、下記リンクよりご確認いただけます。

 ■令和2年度税制改正により、令和2年7月1日から令和4年12月31日までの間に、土地とその上物の取引額の合計が500万円以下等の一定の要件を満たす低未利用土地等の譲渡をした場合、個人の長期譲渡所得から最高100万円控除する制度が始まりました。空家バンク登録物件も要件の一つに該当します。

 ■グリーン住宅ポイント・・・令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家・賃貸)・一定のリフォームや既存住宅の購入に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

 

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 建築住宅課 空家対策推進室
電話番号:0968-63-1660この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る