荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

国立大学法人熊本大学と包括的連携に関する協定を締結しました

更新日:2017年9月22日

 荒尾市と国立大学法人熊本大学は、これまで、地域医療や公共交通、スポーツなどの施策について連携を行っており、平成28年度からは、「認知症施策の推進を図るための相互連携に関する覚書」に基づき、大規模認知症コホート調査を行っております。

 熊本県の「知の拠点」である熊本大学との連携を更に深め、地域課題の解決に向けて積極的に取り組むため、平成29年9月22日に、「荒尾市と国立大学法人熊本大学との包括的連携に関する協定書」を締結しました。

 連携及び協力を行う事項としては、保健・医療・福祉に関することや、まちづくりに関することなどの7項目を定めており、包括的な連携の下に相互に協力しながら、地域社会の発展や人材育成に寄与することを目指しています。

荒尾市と国立大学法人熊本大学との包括的連携に関する協定書(PDF 約93KB)

 

調印式での記念写真





 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 総合政策課 政策推進室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る