荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市宮崎兄弟資料館・シンガポール晩晴園共同報告書発刊記念イベント「宮崎兄弟と孫文の遺産」を開催します

更新日:2019年8月5日

荒尾市では、平成26年度から「孫文記念館交流事業」としてシンガポール孫中山南洋紀念館・晩晴園と学術交流をメインとした文化交流を重ねてきました。この事業の大きな目的は、密接な協力関係のもとに、情報交換及び学術交流を行い、5年間の協定期間内に学術報告書を共同で発刊することであり、このたび、共同報告書を発刊するに至りました。

これを記念し、「宮崎兄弟と孫文の遺産」と題するイベントを荒尾総合文化センターで開催します。

シンポジウム「宮崎兄弟と孫文の友情の歴史をもとに地域の可能性を考える」では、共同報告書の執筆者及び専門家から、宮崎兄弟と孫文、そしてシンガポールがどのようにつながるのか、またその歴史的価値や現代における価値について、ご紹介いたします。シンポジウムのほか、荒尾第一小学校の6年生によるペープサートや荒尾太鼓による宮崎滔天をイメージした曲の披露など、見どころ満載のイベントとなっております。

これを機会に、今につながる荒尾・日本とシンガポールの交流の軌跡を知ってみませんか。多くの人のご来場をお待ちしております。

 「宮崎兄弟と孫文の遺産」チラシ画像(オモテ) チラシの詳細は記事内に記述


 


 

日時

令和元年9月1日(日曜日) 午前10時から

会場

荒尾総合文化センター 小ホール

内容

【オープニングセレモニー】

【シンポジウム】

  • テーマ「宮崎兄弟と孫文の友情の歴史をもとに地域の可能性を考える」
  •  個別報告(柯 木林氏〔シンガポール孫中山南洋紀念館学術顧問、共同報告書執筆者〕、猪飼 隆明氏〔大阪大学名誉教授、共同報告書監修者〕、姜 尚中氏〔熊本県立劇場館長〕)
  •  ディスカッション(柯 木林氏、陳 子宇〔シンガポール国家文物局副局長〕、姜 尚中氏、野田 真衣〔共同報告書執筆者〕)

【アトラクション】

  •  ペープサート「宮崎兄弟と孫文の友情ものがたり」(荒尾第一小学校6年生)
  •  和太鼓「怒涛」(荒尾太鼓)

【フィナーレ】新協定書調印 

 「宮崎兄弟と孫文の遺産」チラシ画像(ウラ) 詳細は記事内に記述。ただし、個別報告で登壇いただくゲストのプロフィール詳細は省略しています。

荒尾市宮崎兄弟資料館とシンガポール晩晴園は、平成26年9月25日に調印した「シンガポール晩晴園ー孫中山南洋記念館および日本荒尾市」宮崎兄弟資料館提携についての基本協定書」に基づき、5年にわたり交流を重ねてきました。そして、令和元年9月、協定期間の終了を迎えるにあたり、5年間の交流の集大成である共同報告書「日本からシンガポールへ 宮崎兄弟と孫文と辛亥革命」の発刊を記念するイベントを開催いたします。

 

 

 

定員

約400名

参加費

無料 ※事前申し込み不要

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る