荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

労使間トラブル解決のお手伝い「個別あっせん制度」について

更新日:2019年10月16日

職場トラブル解決のお手伝いをする制度があります

 熊本県労働委員会では、労働者と事業主との間で発生したトラブルを解決するため、労働争議の調整「あっせん」  を行っております。

 「あっせん」は非公開で、当事者が顔を合わせることなく、個別にお話しを伺い、中立・公正・秘密厳守で進めます。労使間トラブルでお困りの労働者・事業主の皆様は、熊本県労働委員会にご相談ください。

お問合せ

熊本県労働委員会事務局

郵便番号 862-8570

熊本市中央区水前寺6-18-1(県庁本館3階)

電話番号 096-333-2753

受付時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から正午、午後1時から午後5時15分

ホームページ

熊本県労働委員会 あっせん制度(外部リンク)

チラシ

あっせん制度案内チラシ(PDF 約597キロバイト)

あっせん制度案内チラシ表、詳細は記事内に記述

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労使間のトラブルでお困りの 労働者・事業主の皆様へ

熊本県労働委員会にご相談ください。

熊本県労働委員会では、当時者双方の主張を確認しながら、話し合いでの解決を支援します。これを「あっせん」と言います。

  • 話し合いをしても平行線のままで進展しない
  • 解決するためにどうしていいのかわからない
  • 簡単な手続きで迅速な解決を図りたい

どんなトラブルが対象になるの?

労働条件や職場環境に関するトラブルが対象です。ただし、求人や採用に関することは対象外になります。

あっせんはどのように進められるの?

あっせんは非公開で、当時者の方が顔を合わせることなくそれぞれから個別にお話を伺います。


 

あっせん制度案内チラシ裏、詳細は記事内に記述

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 申請用紙に必要事項を記入のうえ、労働委員会事務局にご提出ください。

    労働者(労働組合)、事業主のどちらからでも申請できます。

※労働者は、正規社員・非正規社員を問いません。パート従業員・アルバイト従業員・派遣社員等どのような就労形態の方でも利用可能です。

  • 申請用紙は「労働委員会事務局」に用意している他、県のホームページからもダウンロードができます。

※なお、申請前にお電話等で労働委員会事務局にご相談ください。

 

A社から解雇されたBさんが解雇の理由に納得がいかないとして、あっせんの申請をしました。「あっせん員」がA社とBさんそれぞれの意見を伺い、調整したことによって、双方が「あっせん案」に合意しました。

このケースでは、1回のあっせんで解決しました。

 

とは?

労働委員会の委員があっせん員になります。

公益委員(弁護士、大学教授等)、労働者委員(労働組合役員等)、使用者委員(会社経営者等)の3者構成で対応します。

 

とは?

あっせん員が提示する解決案をあっせん案といいます。

双方が受諾したあっせん案は民法上の和解契約の効力を持つことになります。

 

 


 


 

 

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 産業振興課 商工・企業誘致推進室
電話番号:0968-63-1432この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る