荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾干潟水鳥・湿地センター開館記念イベントを開催します

更新日:2019年8月2日

荒尾干潟水鳥・湿地センターが8月10日にいよいよ開館します。当日は、施設の開館を記念したイベントを開催します。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

水鳥・湿地センター外観画像

日時 

令和元年8月10日(土曜)午前10時から午後0時30分まで  (受付開始:午前9時30分)

会場

荒尾干潟水鳥・湿地センター (荒尾市蔵満20番地1)


駐車場のご案内

 会場周辺の駐車場には限りがありますので、公共交通機関(JR南荒尾駅から徒歩10分)のご利用や乗り合わせでお越しいただくなどのご協力をお願いします。

開館記念イベント駐車場位置図(PDF 約516KB)

プログラム

 開館記念式典

午前10時から午前10時40分

記念式典、テープカットなど

開館記念イベント

午前11時から午前11時10分

あけぼの幼稚園園児 うた:地球をまわせ ダンス:パプリカ

園児によるかわいいうたやダンスをお楽しみください。

午前11時10分から午前11時30分

劇団かたつむり 「荒尾干潟物語」

荒尾干潟の鳥たちのために尽力したある男性の実話を基にした、子どもも大人も楽しめる劇です。実際の荒尾干潟に渡ってきている鳥たちの模様などを再現した衣装で演じます。

午前11時30分から午前11時50分

荒尾干潟クイズ大会

クイズ大会に参加して、荒尾干潟にもっと詳しくなりましょう!正解者にはお花をプレゼント!

どなたでも参加できます。

午前11時50分から午後0時30分

トークショー「有明海を華麗に描いた仕事人」

有明海に縁がある著名人の皆様が、荒尾干潟をはじめ、有明海の魅力について語り合うトークショーを行います!

出演者

八津 弘幸さん

漫画原作者、小説家、脚本家。テレビドラマ代表作品として「半沢直樹」、「下町ロケット」、「陸王」など。

2017年、有明海のガタ(干潟)とムツゴロウを題材にしたNHKの地域ドラマ「ガタの国から」を手がけた。

乾 祐綺さん

編集者、写真家。全日本空輸(ANA)機内誌「翼の王国」専属カメラマン。

2016年7月号において、有明海関連の特集「ガタの夏」を担当。

松尾 高明さん

パッケージデザイナー。不二家「カントリーマアム」、日清「お好み焼き粉」などのパッケージデザインを手がけた。

荒尾干潟ロゴマークデザインの最優秀賞を受賞。

コーディネーター

山下 博美さん

立命館アジア太平洋大学准教授。

2013年から2015年の間、湿地保全に関して科学的な見地から助言を行うラムサール条約の科学技術検討委員会の検討委員として活躍。

中村 安弘

荒尾干潟水鳥・湿地センター長。

午後0時30分

閉会


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 環境保全課 環境企画調査係
電話番号:0968-63-1386この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る