荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

介護(介護予防)サービス利用までの手順

更新日:2019年4月1日

介護(介護予防)サービス利用までの手順

病気等により生活に介助が必要になった際に、介護認定を受けた方は介護サービスを利用できます。

申請に必要なもの

介護保険被保険者証(65歳以上の方)、印かん、医療保険の被保者証(40歳から64歳で特定疾病に該当する方)

※申請書の記入欄に主治医名・病院名・診療科名等を記入する欄がありますので、記入できるよう事前の確認をお願いします。

相談する

介護保険係の窓口でご本人やご家族が申請を行います。居宅介護支援事業所、介護保険施設、地域包括支援センターに申請を代行してもらうこともできます。

体の状態を調べる

訪問調査

認定調査員が自宅等を訪問し、心身の状態について聞き取ります。

主治医の意見書

市から医療機関に依頼をし、主治医に意見書を作成してもらいます。

審査判定

一次判定

訪問調査の結果や、主治医の意見書の意見書からコンピューターで介護にかかる時間を出します。

二次判定

一次判定の結果や訪問調査の結果、主治医の意見書などをもとに、保健、医療、福祉の専門家が話し合い、介護度(非該当、要支援1・2、要介護1から5)を決めます。

サービスの利用

まずは事業所を選び、契約を締結してください。

表:介護

要介護1から5の方 

(自宅での生活を希望)

 居宅介護支援事業所(サイト内リンク)に相談してください。

 要介護1から5の方

(介護保険施設入所を希望)

 介護保険施設(サイト内リンク)に入所申し込みを行ってください。

(事前に見学などを行うことをお勧めします。)

 要支援1・2の方

居宅介護支援事業所または荒尾市地域包括支援センター(サイト内リンク)に相談してください。 

事業所との契約が済んだら、担当のケアマネジャーがケアプランを作成します。

介護サービスはケアプランに沿って利用することになりますので、ケアマネジャーとよく相談してください。

 

 

関連リンク

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 介護保険係
電話番号:0968-63-1418この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る