荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

介護保険対象者および介護保険被保険者証

更新日:2018年4月1日

介護保険の対象者

介護保険は、介護が必要なとき要介護認定を受けて、介護(介護予防)サービスを利用する制度です。

 

表:介護保険の対象者
項目内容
65歳以上の人(第1号被保険者)
  • 介護(介護予防)サービスを利用できる人
    原因を問わず日常生活に介護や支援が必要となった場合に、要介護認定を受ければサービスが利用できます。
  • 介護保険料 介護保険料の段階は9段階に分かれており、世帯の課税状況および被保険者本人の収入・所得状況などに応じて決定されます。
40歳〜64歳の人で医療保険に加入している人(第2号被保険者)
  • 介護(介護予防)サービスを利用できる人
    介護保険で対象となる病気(指定された16種類の特定疾病)が原因で介護や支援が必要となった場合に、要介護認定を受ければサービスが利用できます。
  • 介護保険料 加入している医療保険の算定方法に基づいて決定されます。

※資格取得日 年齢到達する誕生日の前日、転入の当日
※資格喪失日 死亡日の翌日、転出日の翌日(転入日と転出日が同じであれば転出日)、医療保険の資格喪失日(第2号被保険者の場合)

指定された16種類の特定疾病

  1. 初老期における認知症
  2. 脳血管疾患
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  5. 脊髄小脳変性症
  6. 多系統萎縮症
  7. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  8. 閉塞性動脈硬化症
  9. 慢性閉塞性肺疾患
  10. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  11. 関節リウマチ
  12. 後縦靭帯骨化症
  13. 脊柱管狭窄症
  14. 骨折を伴う骨粗鬆症
  15. 早老症
  16. 末期がん

 

介護保険被保険者証について

被保険者証の交付

次の場合に被保険者証を交付します。

1 第1号被保険者 (65歳以上の人)
  • 65歳になられたとき (65歳の到達月に交付します。)
  • 他の市町村から荒尾市へ転入されたとき
  • 荒尾市内で住所が変わられたとき
  • 氏名が変わられたとき
  • 要介護認定の申請をされ要介護認定結果を交付するとき
  • 被保険者証の再交付申請をされたとき
2 第2号被保険者 (40〜64歳の人で医療保険に加入している人)
  • 要介護認定の申請をされ要介護認定結果を交付するとき
  • 被保険者証の再交付申請をされたとき

 

被保険者証の返却

次の場合には被保険者証を返却してください。

  • 被保険者が死亡されたとき
  • 他の市町村へ転出されるとき
  • 住民内容や認定内容の変更に伴い、新しい被保険者証が交付されたとき

 

関連リンク

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 保険介護課 介護保険係
電話番号:0968-63-1418この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る