荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

令和2年7月豪雨で被災された皆様への支援制度について

更新日:2020年8月26日

この度の豪雨で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

被災された住宅等への支援や生活再建のために次の制度があります。

詳細については各担当部署にお問い合わせください。

※り災の程度に応じた支援内容については、「令和2年7月豪雨に係るり災程度に応じた支援制度(サイト内リンク)」をご確認ください。

※その他の支援制度等に関するお問い合わせ先については、「令和2年7月豪雨に係る各部署窓口の一覧(ページ内リンク)」をご確認ください。

主な支援制度

被災者支援特別給付金(荒尾市独自支援)

  被災時に荒尾市に住所を有していた人で、令和2年7月豪雨により、住宅に床上浸水または床下浸水の被害を受けた人に給付金を支給します。

支給額(1世帯あたり)

 1万円 

提出書類
  • 荒尾市被災者支援特別給付金申請書
  • り災証明書または被災証明書
  • 振込先金融機関の口座情報が分かる預金通帳等の写し 

※り災証明書の発行にかかることは、防災安全課(電話番号:0968-63-1395)にお問い合わせください。

お問い合わせ

 福祉課(電話番号:0968-63-1406)

 

 災害見舞金(荒尾市独自支援)

 被災時に荒尾市に住所を有していた人で、令和2年7月豪雨により、住宅に準半壊以上または床上浸水の被害を受けた人に見舞金を支給します。 

支給額(1世帯あたり)

 5万円

提出書類
  • 荒尾市災害見舞金支給申請書
  • り災証明書または被災証明書
  • 振込先金融機関の口座情報が分かる預金通帳等の写し  

※床上浸水であった場合で、り災証明書の被害の程度が「一部損壊」であったときは、被災したことを行政協力員に確認してもらう「被災証明書」が必要です。

※り災証明書の発行にかかることは、防災安全課(電話番号:0968-63-1395)にお問い合わせください。

お問い合わせ

 福祉課(電話番号:0968-63-1406)

 

エアコン設置補助金(荒尾市独自支援)

住宅に準半壊以上の被害を受け、修理しながら引き続き居住している、あるいは市営住宅などに仮住まいしている人を対象に、熱中症等による健康被害の防止のためエアコンの購入設置費用を補助します。

補助限度額(1世帯あたり)

10万円

提出書類
  • り災証明書の写し
  • 住民票(世帯全員分)
  • エアコンの品名、品番、規格、価格、支払日がわかる領収書等の写し
  • エアコンの設置状況及び品名や型番などが確認できる写真等
  • 振込先金融機関の口座情報が分かる預金通帳等の写し

※り災証明書の発行にかかることは、防災安全課(電話番号:0968-63-1395)にお問い合わせください。

お問い合わせ

建築住宅課(電話番号:0968-63-1491)

 

被災住宅の応急修理

住宅が半壊し、自らの資力では応急修理をすることができない世帯、又は大規模半壊した世帯に対し、被災した住宅の屋根、居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限度の部分を応急的に修理します。なお、既に修理が完了し、業者に代金を支払っている場合など、対象とならないケースがあります。事前にご相談ください。

修理限度額(1世帯あたり)
  • 大規模半壊及び半壊 59万5千円
  • 準半壊 30万円

※同じ住宅に2以上の世帯が同居している場合は1世帯とみなされます。

※申請にあたっては、修理前の写真が必要となります。

お問い合せ

建築住宅課(電話番号:0968-63-1498)

 

被災家屋等の解体・撤去

半壊以上の被害を受けて解体が必要と認められた家屋や中小企業等の事務所などを、所有者に代わって市が解体・撤去します。自費で解体・撤去した場合も対象になることがあるのでご相談ください。

お問い合わせ

環境保全課(電話番号:0968-63-1370)

  

災害援護資金の貸付け

災害で世帯主が1か月以上の負傷をしたときや、住居や家財に大きな被害を受けた場合、一定所得以下の世帯の人は資金の貸付けが受けられます。

借入限度額

350万円(被害状況による)

利率
  1. 保証人あり:無利子
  2. 保証人なし:無利子(ただし、措置期間経過後1%)
償還期間

10年(措置期間含む)

据置期間

3年(特例あり)

お問い合せ

福祉課(電話番号:0968-63-1406)

 

被災者生活再建支援金

災害により住宅が全壊する等、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に支援金が支給されます。

支給額

50万円から300万円

対象

大規模半壊以上の世帯

問い合わせ

福祉課(電話番号:0968-63-1406) 

 

生活移動手段支援金(荒尾市独自支援)

豪雨により自動車が被災して廃車した人の生活移動手段の確保を支援します。

支給額

1台あたり5万円(1人1台まで)

対象

令和2年7月6日時点で荒尾市に住民登録がある人

提出書類

  • 荒尾市生活移動手段支援金交付申請書
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、保険証等)の写し
  • 振込先金融機関の口座情報が分かる預金通帳等の写し(※特別定額給付金を受給した口座への振り込みを希望する場合は不要。)
  • 令和2年7月豪雨による全損証明書または修理不能証明書
お問い合わせ

くらしいきいき課(電話番号:0968-57-7163)

 

 

チラシ

主な支援策について
問い合わせ窓口一覧

令和2年7月豪雨に係る各部署窓口の一覧(令和2年7月31日版)(PDF 約91KB)

 

 令和2年7月豪雨に係る各部署窓口の一覧

 

表:令和2年7月豪雨に係る各部署窓口の一覧
内容部署電話番号
防災対策に関するお問い合わせ防災安全課0968-63-1395
被災証明書、り災証明書(サイト内リンク)市民課(申請窓口)0968-63-1302
防災安全課0968-63-1395
固定資産税の一部減免(サイト内リンク)税務課 資産税係0968-63-1346
市県民税の一部減免(サイト内リンク)税務課 市民税係0968-63-1342
国民健康保険税の一部減免(サイト内リンク)税務課 市民税係0968-63-1342
市税の納税の猶予(原則1年以内)収納課0968-63-1353

後期高齢者医療保険料及び一部負担金

(免除、一部減免、徴収猶予)

保険介護課 高齢者医療係0968-63-1420

介護保険料(第1号被保険者)及び利用者負担金

(免除、一部減免、徴収猶予)

保険介護課 介護保険係0968-63-1418

国民健康保険一部負担金

(減額、免除、徴収猶予)

保険介護課 国保年金係0968-63-1327
災害ごみの処理(サイト内リンク)環境保全課0968-63-1370
消毒用石灰の配布(サイト内リンク)環境保全課0968-63-1370
し尿汲取り手数料の減免(サイト内リンク)環境保全課0968-63-1370
災害ボランティアへの依頼荒尾市社会福祉協議会080-2782-4936
災害ボランティアの受付荒尾市社会福祉協議会080-3085-4554
災害援護資金の貸付け福祉課0968-63-1406

被災者生活再建支援金

(被災者生活再建支援法の適用分)

福祉課0968-63-1406
道路、河川等に関するお問い合わせ土木課0968-63-1485
一時的な市営住宅の提供(サイト内リンク)建築住宅課 住宅管理係0968-63-1491

被災住宅の応急修理

(災害救助法の適用分)

建築住宅課 建築営繕係0968-63-1498
農地及び農作物等の被害調査及び災害対策農林水産課0968-63-1454
義援金の受付(サイト内リンク)会計課0968-63-1621
義援品の受付財政課 管財係0968-63-1292

上下水道料金の減免(サイト内リンク)

企業局 お客様センター0968-64-3333

※内容の詳細については、各内容のリンク先をご確認いただくか、各担当窓口へ電話でおたずねください。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る