荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

小岱工芸館

更新日:2019年10月1日

小岱工芸館の画像

地場産業である伝統的工芸の小代(岱)焼や各種工芸などが楽しめます。

開館時間

午前9時30分〜午後9時30分

(ご注意)夜間の利用が無い日の閉館時間を午後7時30分までとし、利用がある場合も、午後9時30分より早く終了する場合は、利用終了後に閉館することがありますので、詳細は各施設にお問い合わせください。

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館します)
年末年始  (12月29日から1月3日まで)

利用の申し込み

申し込み期間

使用しようとする日の3か月前から当日の午後7時30分まで申し込みができます。             ただし、休館日は受付しません。

申し込み方法

申請者が直接ご来館いただき、所定の使用申請書を提出してください。また、インターネットによる申し込みも可能です。詳しくは、下記リンクをご覧ください。

荒尾市公共施設予約システム


 

施設案内

  • 多目的ルーム
  • 研修室A(和室12畳)
  • 研修室B(和室12畳)
  • 工芸室

 利用料金 

多目的ルーム

室料金(1時間につき) 440円

研修室A

(和室12畳) 室料金(1時間につき) 220円

研修室B

(和室12畳) 室料金(1時間につき) 220円

工芸室

(電動ろくろ5台、陶芸器材一式) 室料金(1時間につき) 440円

(ご注意)各室冷暖房が完備されており、冷暖房使用料は多目的ルームが330円、その他110円別途必要となります。
(ご注意)使用者が物品の販売、宣伝等営利行為とみなされる目的で使用される場合の利用料は、それぞれの使用時間区分の額に100分の500を乗じて得た額とします。

減免規定

市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用料について、それぞれ当該各号に定める額(その額に1円未満の端数が生じるときは、その端数を四捨五入して得た額)を免除することができる。

表:使用区分と減免率一覧

項目

使用区分 減免率 
荒尾市が行政目的のために主催する行事に使用するとき。10割
荒尾市が共催する行事で地域産業の活性化と活力ある地域社会づくりに資するために使用するとき。 5割(冷暖房費を除く)
3荒尾市が後援する行事で地域産業の活性化と活力ある地域社会づくりに資するために使用するとき。2,5割(冷暖房費を除く) 
4その他市長が公益のために使用する場合で特別の理由があると認めるとき。市長が定める率(冷暖房費を除く)

 

 問合せ先

住所

 荒尾市野原1523

電話番号

0968-68-7400

ファックス番号

0968-68-7400

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 くらしいきいき課 地域協働係
電話番号:0968-57-7163この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る