荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

ちょこっと運動で、あら、あら、大きな効果!

更新日:2015年4月13日

普段から、元気にからだを動かすことで、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモティブシンドローム※、うつ、認知症などになるリスクを下げることができます。

 

※ロコモティブシンドロームとは、骨や関節の病気、筋力低下、バランス能力の低下によって、転倒・骨折しやすくなることで、自立した生活ができなくなり、介護が必要となる危険性が高い状態のこと。

 

 「運動」というと、特別な時間を割いて、汗をかくようなきついものを頭に思い浮かべますが、健康づくりには、日常生活の中での活動量を増やすことが大切です。普段の生活にひと工夫加え、ちょこっとずつの積み重ねで、運動量を増やしましょう。
 

 

まずは、日頃の生活を振り返り、からだを見つめてみましょう♪ 

 

小さな運動が大きな成果を生みます!

 


 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所
電話番号:0968-63-1111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る