荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

【事業主向け】「不妊治療を受けやすい職場環境整備の支援」と「働く女性健康管理」に関するご案内

更新日:2021年6月14日

不妊治療を受けやすい職場環境整備の支援

 不妊治療を受けやすい職場環境整備に取り組む中小企業事業主を対象として、令和3年度に両立支援等助成金(不妊治療両立支援コース)が創設されます。

下記リンクより詳細をご確認ください

不妊治療と仕事の両立のために(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

 

母性健康管理措置について(母健カードの様式変更について 令和3年7月1日より)

 事業主に対して、妊娠中及び出産後の女性労働者が保健指導又は健康診査を受けるために必要な時間を確保することや、医師等から休業や作業の制限等の支持を受けた場合に、その指導事項を守ることができるようにするために必要な措置を講ずることが義務付けられています。

 指導事項の内容が事業主に的確に伝達されるよう、これまで「母健カード」の利用が推奨されてきましたが、令和3年7月1日に様式が変更されます。

詳細について、下記のリンクをご覧ください。(Q&Aも新たに作成されています)

女性労働者の母性健康管理のために(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

働く女性の母性健康管理に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(PDF 約150KB)

新型コロナ感染症に関する母性健康管理措置による助成金について

 要件を変更し、期限延長されます。令和4年1月31日まで。

詳細について、下記のリンクをご確認ください。

職場における妊娠中の女性労働者等への配慮について(厚生労働省ホームページ)※新型コロナウイルス感染症対策(外部リンク)

 

 

 

 

 

 

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る