荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

表現・脚本ワークショップ 参加者募集!!

更新日:2021年9月18日

荒尾の風景から物語をつくる
〜脚本ワークショップで作った脚本をもとにボイスドラマを創作します〜

 この事業は、一般財団法人 地域創造と、荒尾総合文化センターとの共催事業です。

 一般財団法人 地域創造からの派遣アーティストが、演劇の手法を使ったワークショップを実施します。

 表現ワークショップ、脚本ワークショップの両方に参加することも可能です。

 申込締切は10月31日(日曜日)までです。定員に達し次第締め切ります。

 参加希望の方は、荒尾総合文化センターまでお問合せください。 

実施日(計4日間)

 11月20日(土曜日)・21日(日曜日)

 12月11日(土曜日)・12日(日曜日)

 ※状況によっては中止・延期になる場合があります

スケジュール詳細

 11月20日 10時から12時 表現ワークショップ基礎編

                   14時から15時30分 脚本ワークショップ講座編A班

 11月21日 10時から11時30分 脚本ワークショップ講座編B班

                   13時30分から15時30分 脚本ワークショップお出かけ編

 12月11日 10時から12時 ボイスドラマ練習

                   14時から16時 ボイスドラマ練習

 12月12日 13時から16時 ボイスドラマ公開録音 

実施内容

表現ワークショップ(定員25名/小学3年生から大人)
  • 11月20日 基礎編(楽器の使い方、チームワークを養う)
  • 12月11日、12日 ボイスドラマの創作(練習・公開収録)

 ※全3日間すべての講座に出席することが参加条件です

脚本ワークショップ(定員25名/中学生から大人)
  • 11月20日、21日 講座編(写真を見て脚本を書く)
  • 11月21日 お出かけ編(写真の場所に行く)

 ※講座編はA班・B班に分かれますが、内容は同じです

 ※講座編のみの参加も可能です

講師紹介

 ごまのはえ氏。大阪府出身。劇団「ニットキャップシアター」代表。劇作家。演出家。

 京都を創作の拠点に大阪、東京、福岡、名古屋、などの各都市で公演を続けている。

 『愛のテール』でOMS戯曲賞大賞。『ヒラカタ・ノート』でOMS戯曲賞特別賞及び

 新・kyoto演劇大賞。自身の創作と並行して様々な演劇ワークショップも行っている。

 

荒尾の風景から物語をつくるのポスター画像。画像の詳細は本文に記述されています。



 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 荒尾総合文化センター(指)
住所:〒864-0041 荒尾市荒尾4186-19
電話番号:0968-66-4111
ファックス番号:0968-66-4115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。