荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

商品開発や販路開拓に向けた支援を行います

更新日:2020年11月16日


 令和6年春に予定している「道の駅あらお(仮称)」の開業も見据え、農漁業者や加工事業者の皆様が取り組む商品開発や販路開拓に対する支援を行います。

 詳細は以下をご確認いただき、興味のある事業者の皆様は、積極的にご応募ください。

1.事業内容

 荒尾市内に拠点を置く事業者等で、新たな加工品の開発や既存商品のリニューアル等を希望する者に対し、アドバイザーを招聘し、助言等を行う。加えて、開発した商品などの販路開拓を行うため、テストマーケティング等の機会を設けるとともに、受容性の検証を行う。アドバイザーは、株式会社談から派遣する。

2.対象者

 荒尾市内に拠点を置く農漁業者や加工事業者

 ただし、荒尾市外に拠点を置く加工事業者であっても、上記事業者等と取引関係があれば対象とする。

3.支援件数

 10事業者程度

4.選定方法

 応募多数の場合は、以下の基準を踏まえ、アドバイザーにおいて支援対象者を選定する。

  1. 事業実施に当たり高い意欲を持っており、持続的に事業を実施できると見込まれること
  2. 荒尾市内で生産された一次産品を活用した加工品の開発を希望していること
  3. 現状で完成度が高い、または、改良によって完成度が高まる可能性が高い商品を取り扱っていること
5.募集期間

 11月16日(月曜日)から11月30日(月曜日)まで

6.応募方法

 以下「荒尾市特産品開発及び販路開拓等支援事業 応募用紙」に必要事項を記入の上、産業振興課道の駅整備推進室まで、ファックスまたはメール、郵送により応募する。

荒尾市特産品開発及び販路開拓等支援事業 応募用紙(WORD 約18KB)

ファックス:0968-63-1158

メール:michinoeki@city.arao.lg.jp

郵送:郵便番号864-8686(住所不要) 荒尾市役所 産業振興課 道の駅整備推進室 行

7.注意事項

 個別支援に関するアドバイザー派遣等の費用は原則無料であるが、支援内容によっては、参画事業者の負担になる場合がある。

8.事業スケジュール
表:事業スケジュール
 日付 内容
11月16日公募開始
12月上旬

支援対象者決定

各支援対象者へのヒアリングにより個別支援内容を決定

1月から2月中旬個別支援の実施
2月下旬

受容性調査(テストマーケティング)の実施

※実施方法は現在検討中

調査結果の集計及び分析

3月

受容性調査結果のフィードバック

今後の事業展開に向けたヒアリング


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 産業振興課 道の駅整備推進室
電話番号:0968-63-1421この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。