荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

【被災者向け】住民票の写し等の証明手数料の免除について

更新日:2020年7月21日

被災証明書・罹災証明書の申請にかかる証明書の手数料を免除します

  令和2年7月3日(金曜日)からの大雨で被災された方に対する支援策として、災害復旧に関する手続きに必要な証明書の手数料を免除にします。

手数料が免除となる証明

  1. 住民票の写し(除票を含む)
  2. 住民票の記載事項の証明書
  3. 印鑑に関する証明書
  4. 印鑑登録証
  5. 戸籍全部、個人及び一部事項証明書
  6. 戸籍の附票の写し(除票を含む)
  7. 課税台帳等記載事項証明書(所得課税証明書など)
  8. 納税に関する証明書

対象者

 令和2年7月3日からの大雨による被災者で、被災証明書又は、罹災証明書の交付を受け(申請中の方を含む)、災害復旧の手続きに必要な証明書を取得される方

手続き方法

 市民課、市民サービスセンター窓口
  • 被災証明書等、本人確認書類(運転免許証など)をお持ちください。
  • 各種証明書の請求用紙に、使用目的(災害からの復旧に関する諸手続き)を明記してください。

市民課の開庁時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで

市民サービスセンターの開庁時間 午前10時30分から午後7時まで

 

郵便で請求される場合の手続き
  • 被災証明書等の写し、本人確認書類(運転免許証など)の写し、返信用封筒に返送先の住所・氏名を記入し、必要分の切手を貼って郵便請求書類に同封ください。
  • 各種証明書の請求用紙に、使用目的(災害からの復旧に関する諸手続き)を明記してください。

実施期間

 令和2年7月6日(月曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで  

  災害救助法の適用日に遡って実施しますので、すでに証明書等を取得された方は返金いたします。返金手続きに関して確認作業や振り込み手続きでお時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

 証明書等の手数料の返金に必要なもの:預貯金通帳(請求者と同一世帯の方のみ)、レシート(お持ちの方のみ)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 市民課 市民係
電話番号:0968-63-1302この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。