荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市地域おこし協力隊を募集します

更新日:2019年5月11日

 荒尾市は地域活動に熱意のある都市部の人で、地域資源の発掘や地域情報の発信、地域との交流促進など地域の活性化に必要な施策を共に推進し、活気あふれるまちづくりの担い手となる人材を荒尾市地域おこし協力隊として募集します。

荒尾干潟(マジャク釣り大会の風景) 

荒尾干潟

小岱山から見る景色

風景画像

 

募集人数

3名

活動内容

 主に以下の業務に取り組んでいただく人を募集します。ただし、隊員の特長等を考慮して内容を変更することがあります。

1.情報発信担当(1名)

市内外のより多くの人がもっと荒尾市に興味を持つように、新しい視点で荒尾市の魅力やトピックスを発掘し、それらを効果的に発信することに取り組んでいただきます。

活動例

  •  フェイスブックなどを活用した情報発信
  • 魅力的な最新情報の収集
  • 広報用素材写真などの撮影
  • 広報物の作成
  • 都市圏との交流やイベント等における情報発信
  • その他、荒尾市の情報を効果的に広報するための活動

※特記事項

  • 自ら取材を行い、氏名や顔などを公表して情報発信ができる人
2.農水産業振興支援コーディネーター(2名) ※定員に達したため、募集を締め切りました。

都市圏を離れ、自然の中で農水作物を生産しながら加工・販売を行い、情報の発信、産業化を視野に入れた活動などや、地域農水産業の活性化に取り組んでいただきます。

活動例

  • 農水産物生産の知識や技術の習得
  • 地域ブランドの掘り起し及び販路の開拓
  • 都市圏との交流や販促活動、イベント等における情報発信
  • 有害鳥獣の捕獲・駆除活動(狩猟免許取得含む)
  • 農地の整備や保全活動支援
3.移住定住コンシェルジュ(1名)

移住定住希望者の相談に対応し、空家等の案内、マッチング等のサポートや移住定住情報の発信などに取り組んでいただきます。

活動例

  • 移住定住に関する情報発信(HPやSNS、移住フェアへの出展など)
  • 移住定住検討者の相談への対応(市内案内、相談や希望に対する他部署との連絡調整や、他の荒尾市地域おこし協力隊との連携など)
  • おためし暮らし住宅制度の運営に関する業務(入居者募集や、おためし暮らし住宅の管理など)
  • その他、移住定住に関連する事業のサポートなど
4.地域の応援団(1名)

地域の隠れた魅力を発見し、それらを活用した地域づくりを提案、実施していただきます。

活動例

  • 地域の魅力の情報発信ある場所のマップ作り。
  • フットパスやオルレ、ウォーキングなどのコース策定と、そのコースを活用したイベントの実施、及びそれらのコースの利用者への対応
  • 地域の魅力の発信
  • その他、地域が元気になること。

募集対象 

  1. 20歳以上の人
  2. 応募時点で、三大都市圏又は三大都市圏以外の政令指定都市(過疎地等の条件不利地域以外)に在住し、委嘱後に荒尾市に住民票を異動して居住できる人
    ※現在お住まいの具体的な市町村名についてはお問い合わせください。
  3. 心身ともに健康であり、かつ地域住民とコミュニケーションが取れ、積極的に地域活動ができる人
  4. 地域おこし協力隊の活動期間終了後も荒尾市に定住し、就業しようとする意欲を持っている人
  5. 普通自動車運転免許証を有している人
  6. パソコンの一般的な操作(ワード、エクセル、パワーポイント、メール、インターネット、SNS等)ができる人
  7. 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

勤務場所

 荒尾市役所および荒尾市内全域等

勤務時間  

 原則として、週4日勤務です。なお、業務によっては、土曜・日曜日、国民の祝日の勤務がありますので、その場合は平日振替対応となります。
勤務時間は8時30分から16時45分までです(1日あたり7時間15分)。
ただし、活動内容により1日あたり7時間15分を超えない範囲において、勤務時間が変更となる場合があります。

雇用形態

荒尾市の非常勤職員特別職

雇用期間

委嘱の日から平成32年3月31日まで

※業務・活動実績等を基に評価を行い、1年単位で更新し最長3年間まで延長する場合があります。

※「農水産業振興支援コーディネーター」及び「地域の応援団」は、平成31年4月以降、「情報発信担当」は平成31年6月以降、「移住定住コンシェルジュ」は平成31年10月以降の委嘱となります。

※地域おこし協力隊員としてふさわしくないと市長が判断した場合には、任期中であっても任用を取り消すことができるものとします。

給与・賃金等

 月額166,600円(社会保険など本人負担分が差引かれます。)

 ※時間外手当(割増報酬)、通勤手当はありません。

 ※別途、住居費の補助制度があります。

待遇・福利厚生

  1. 社会保険、雇用保険に加入します。
  2. 住居に関しては個人での契約となりますが、月額50,000円を上限として住居費を補助します(引っ越しにかかる費用、敷金礼金、活動中の生活に必要な光熱水費および生活必需品等は自己負担)。
  3. その他、活動に必要な経費(消耗品費等)について、予算の範囲内で市が負担します。

募集期間

平成31年3月28日(木曜)から平成32年1月31日(金曜)まで
※なお、募集定員に達した場合は、募集期間中であっても終了させていただきます。

選考までの流れ

応募方法

応募用紙(様式第1号)に必要事項を記入いただき、下記に掲げる必要書類を添付の上、荒尾市役所市民環境部くらしいきいき課地域協働係宛て郵送又は持参してください。

  1. 荒尾市地域おこし協力隊応募用紙 (様式第1号)
    荒尾市地域おこし協力隊応募用紙 (PDF 約125KB)
    荒尾市地域おこし協力隊応募用紙 (WORD 約25KB)
  2. 住民票(抄本)の写し(※応募月の前月以降に取得したもの)
  3. 運転免許証の写し

※提出された書類につきましては、返却できませんのであらかじめ御了承ください。

選考方法

第1次選考(書類審査)

 書類選考の上、結果を応募者全員に通知します。

※応募用紙の記載内容に基づき書類選考を行いますので、できるだけ詳しく記載してください。

第2次選考(面接審査)

 第1次選考合格者を対象に荒尾市役所において面接を行います。なお、詳細については、第1次選考結果を通知する際にお知らせします。

選考結果の通知

 最終選考の結果については、2次選考面接審査後に文書にて通知します。

※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので、あらかじめ御了承ください。

その他

 私用および通勤等のための交通手段(自動車等)の持込みをお薦めします。

申し込み・問い合わせ先

〒864-8686

熊本県荒尾市宮内出目390番地

荒尾市役所市民環境部くらしいきいき課地域協働係

電話番号 0968-57-7163

メールアドレス:kurashiアットマークcity.arao.lg.jp

※「アットマーク」を「@」に変えてご利用ください。

 

荒尾市地域おこし協力隊募集要項(PDF 約230KB)

荒尾市地域おこし協力隊応募用紙 (PDF 約125KB)

荒尾市地域おこし協力隊応募用紙 (WORD 約25KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 くらしいきいき課 地域協働係
電話番号:0968-57-7163この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。