荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

平成25年度主催事業「日中友好の集い」

更新日:2014年3月3日

九州・山口(長崎県を除く)を領事管轄とする中華人民共和国駐福岡総領事館から、李天然総領事をお招きし、「日中友好の集い」を開催しました。

 日時

平成25年11月23日(土曜)11時00分〜14時00分

会場

ホテルブランカ「3階ホール」

出席

来賓、当団体会員、一般参加者 合計50名

 

次第

  1. 中国民族楽器フルス(ひょうたん笛)演奏
  2. 開会
  3. 主催者挨拶[前畑淳治会長]
  4. 来賓挨拶 [熊本県日中協会 米満弘之会長/国立大学法人熊本大学 谷口功学長]
  5. 講演「九州と中国」(李天然総領事)
  6. 交流会
  7. 謝辞、記念品贈呈
  8. 閉会

 フルス演奏の写真です


中国の民族楽器「フルス(ひょうたん笛)」の演奏で、「日中友好の集い」の幕開け

 

 

フルス演奏 演奏会の様子の写真です


 


フルスの演奏は、大牟田市を中心に活動される日本フルス普及会と大牟田フルス協会の皆さん

 

 

主催者挨拶 前畑淳治会長の写真です


主催者挨拶を行う前畑淳治会長(荒尾市長)

 

 

来賓挨拶 米満弘之様の写真です


熊本県日中協会の米満弘之会長による来賓挨拶

 


来賓挨拶 谷口功様の写真です


熊本大学の谷口功学長による来賓挨拶
 


 

会場の様子の写真です


「日中友好の集い」の会場の様子
 

 

 講演「九州と中国」 中華人民共和国駐福岡総領事館 李天然総領事

李天然総領事の写真です


講演の主な内容
  1. 2011年11月に着任してから、熊本県で講演するのは今回が初めてで、宮崎兄弟の故郷・荒尾市は特別な存在である。
  2. 宮崎兄弟は、孫文を支援し、中国の近代化に大きな役割を果たした。今年9月には、歴代の駐日大使としては初めて程永華大使を宮崎兄弟の生家施設に案内することができた。また、先日には福岡や熊本の留学生約60名を視察させたが、先人の足跡を学べる場所として、来年は100名から200名を荒尾市に派遣したい。
  3. 東京、大阪、名古屋など各地の大使館や総領事館で勤務したが、九州は中国との交流に特に熱心だと強く感じている。九州の最大の貿易相手国は中国で、2012年の輸出額は10,485億円、輸入額は7,768億円に上り、企業も約600社が中国に進出している。
  4. 両国は切っても切れない関係で、今後、教育・環境・福祉・農業・観光などの分野で交流を推進し、特に中国が抱える環境問題では、熊本県の水俣病や北九州市の経験に学びたい。

 

 重村栄副会長の写真です


交流会で挨拶をする重村栄副会長(県議会議員)
 

 

趙秘書官の写真です


総領事と共に出席された趙秘書官

 

 

「日中友好交流の思い出」コーナー

事前に中国ゆかりの品の出品を出席者に募り、会場内にコーナーを設け展示しました。


 日中友好の思い出コーナー 思い出コーナーの写真です


 


日中友好の思い出コーナー 思い出コーナーを見学する人々の写真です


 


日中友好の思い出コーナー 集合写真、作品の写真です


 


日中友好の思い出コーナー 作品を見学する人の写真です


 


 


会の結びに、迎五男副会長(荒尾市議会議長)が、李天然総領事と趙秘書官へ記念品(荒尾産オリーブオイル等)を贈呈しました。

記念品贈呈の写真です

 



 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 文化企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る