荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

新型コロナウイルス感染症対策に取り組む市民活動団体を募集します!

更新日:2020年6月25日

新型コロナウイルス感染症対策に取り組む市民活動団体を募集します!

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている、市民生活を支援する活動の活性化を図るため、市民活動団体に対する助成制度を新たに設けます。

助成の対象となる団体

 荒尾市内に活動の拠点を置く5人以上の非営利の市民活動団体。

助成の対象となる事業

 対象事業は、新型コロナウイルス感染症に起因する様々な課題の解決に資するもの。

(例:生活支援、教育支援、交流活動など。)
 

助成金額等

 助成金額は、上限の10万円(補助率10割)

※既に他の助成金の交付を受けている事業は対象外となります。

応募方法

 「市民活動サポート事業助成金交付申請書」に必要事項を記入の上、団体構成員名簿や規約等を添付し、くらしいきいき課まで提出してください。

審査方法
 市民活動サポート事業審査会の審査により、助成する事業の選定と助成額の決定を行います。交付決定、不交付決定につきましては、くらしいきいき課から結果を直接通知します。
募集期間

 令和3年3月31日まで。交付申請は随時受付。

 

市民活動サポート助成事業

 民間の非営利団体が自発的な意思に基づいて行う社会貢献活動(市民活動)について、団体の自主性および特性を尊重しながら、活動の活性化や活動団体の自立を支援する「市民活動サポート事業」を募集します。

助成対象者

 荒尾市内に活動の拠点を置く5人以上の非営利団体

募集期間

 令和2年度中随時募集

※ただし、本年度内に事業が完了し、令和3年3月31日までに実績報告書の提出が必要です。

応募方法

「市民活動サポート事業助成金交付申請書」に必要事項を記入の上、団体構成員名簿や規約等を添付し、くらしいきいき課まで提出してください。

 申請書、構成員名簿は、上記のリンクからダウンロードできます。

助成対象事業
 ボランティア団体など市民活動団体が自発的な意思に基づいて行う社会に貢献する活動で、組織の活性化および自立を目指して取り組む事業(新たに取り組む事業、活動の拡大や内容の充実を図る事業など)とし、活動に直接要する経費で、その推進に欠かせないものについて助成します。例えば備品の購入や材料費、会場費等に活用できますので、詳細はくらしいきいき課にお尋ねください。

 なお、まちづくり・環境保全・国際協力・防災活動など分野は問いません。

助成金額

 1年目 限度額(上限)20万円 助成率9割

 2年目 限度額(上限)20万円 助成率7割

 3年目 限度額(上限)20万円 助成率5割

※2年目、3年目と継続する場合でも申請書の提出は毎年必要です。

審査方法

 市民活動サポート事業審査会の審査により、助成する事業の選定と助成額の決定を行います。交付決定、不交付決定につきましては、くらしいきいき課から結果を直接通知します。

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 くらしいきいき課 地域協働係
電話番号:0968-57-7163この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る