荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

土地や家屋の所有者が亡くなった場合

更新日:2019年8月21日

質問

固定資産の所有者が死亡しました。固定資産税を納める人(納税義務者)はだれになりますか?

回答

固定資産の所有者が死亡した場合、相続人全員が納税義務を引き継ぐことになります。
固定資産税に関する書類(納税通知書等)を受け取る代表者を相続人の中から決めていただき、
『固定資産(土地・家屋)を現に所有する者の申告書』にて届け出てください。

なお、この届出は固定資産税に限られるもので、相続登記(名義変更)や相続税とは関係ありません。
名義変更は、法務局での手続きが必要です。相続登記等の名義変更手続きが年内に完了した場合は、登記された新しい所有者が翌年度の固定資産税の納税義務者となります。

 申請書のダウンロード

申請書のダウンロードは下記のページでできます。

お問い合わせ先

税務課 資産税係

電話番号

0968-63-1346

ファックス番号

0968-63-7289 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 税務課 資産税係
電話番号:0968-63-1346この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る