荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

市長室から(令和3年7月)

更新日:2021年7月1日

 新型コロナウイルスの変異株により感染が急拡大した第4波については、荒尾市内・熊本県内ともに感染が落ち着き、まん延防止等重点措置についても6月13日に適用が解除されました。

 改めまして、医療関係者や飲食店関係者をはじめとする市民、事業者の皆さんのご協力とご尽力に、深く感謝申し上げます。

 また、ワクチン接種の予約受付に際し、コールセンターや個別医療機関への予約電話がつながりにくい状況となり、市民の皆さんに大変なご苦労とご心配をおかけしましたことに、心からお詫び申し上げます。

 新型コロナウイルスに関しては、新たな変異株の広がりなど予断を許さない状況がもうしばらく続くと思いますが、収束の切り札であるワクチン接種について、個別医療機関での接種開始、集団接種会場の増設(東大谷体育館)などの接種体制の充実を図り、7月末までの高齢者のワクチン接種完了、さらには64歳以下の接種の迅速な実施につなげていきたいと考えています。

 地域経済や家計への支援策としては、市内の小中学校又は高校を卒業した大学生などへの給付金の支給、低所得の子育て世帯への給付金の支給などを実施しており、9月には商工会議所によるプレミアム付商品券の発行も予定しています。今後は、5月・6月で実施した市内全事業所へのヒアリング調査を基に、更なる支援策を検討していきます。

 先日閉会した6月議会では、本市の将来にとって重要な議案を可決していただきました。南新地地区に整備予定の道の駅と保健・福祉・子育て支援施設を官民連携による複合施設として整備するための条例、市立図書館のあらおシティモールへの移転整備に係る事業費の補正予算などです。今後も、市民の皆さんにしあわせを感じていただけるよう、本市の魅力の向上に向けて取り組んでまいります。

 梅雨時期の災害対策として、4月から新たに防災情報伝達システムを導入するなど、万全の態勢で取り組んでいます。梅雨は終盤を迎えますが、これから台風シーズンが始まります。引き続き災害に警戒をしていただき、早めの避難など対策をお願いします。

 今後も、市民の皆さんの命と暮らしを守るため、全身全霊をかけて取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

ワクチン集団接種会場のあらおシティモールにて

集団接種視察の写真




          


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 秘書課
電話番号:0968-63-1620この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事