荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

特別定額給付金について(8月6日更新)

更新日:2020年8月6日

特別定額給付金(1人につき10万円)の申請はお済みですか?

荒尾市の申請期限は、令和2年8月19日(水曜日)です。

※申請期限を過ぎると、給付金を受け取ることができなくなります。申請忘れのないよう、お早めにお手続きください。

※お手元に申請書が届いていない方は、荒尾市総務課 特別定額給付金担当窓口(電話番号:0968-57-7162)にお問い合わせください。

 

給付状況(令和2年8月6日現在)

 給付済み世帯数 23,948世帯 (給付対象世帯数の98.8%)

 ※6月18日以降は、原則毎週木曜日が振込日となります。


《振込状況》

表1:オンライン申請の場合
受付日振込日
5月4日から5月11日5月19日
5月12日から5月21日5月26日
5月22日から5月25日5月29日
5月26日から6月1日6月3日
6月2日から6月5日6月11日
6月6日から6月12日6月18日

 

表2:郵送申請の場合
受付日振込日
5月19日(一部)5月26日
5月19日(一部)から5月22日5月29日
5月23日から5月29日6月3日
5月30日から6月5日6月11日
6月6日から6月12日6月18日

※支給が決定した方には、支給決定通知書を送付します。(振込後に支給決定通知書が届くことがあります。ご了承ください。)

※申請内容や添付書類に不備がある場合は、郵送により返却しますので、必要書類を同封の返信用封筒にてご返送ください。

 

申請について

 申請書に必要事項をご記入いただき、本人確認書類の写し振込先口座確認書類の写しを添付の上、同封の返信用封筒(組立式)により返送してください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、郵送またはオンラインによる申請をお願いします。

※今回、市民の皆様に一日でも早く申請書をお届けするため、組立式の返信用封筒を同封させていただいております。お手間を取らせてしまい申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。

本人確認書類

  運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、年金手帳など

振込先口座確認書類

 通帳、キャッシュカード、インターネットバンキングの画面など「金融機関名・口座番号・口座名義人」が分かるもの

 

オンライン申請

 令和2年5月4日から、オンライン申請受付を開始しています。

【対象者】

 マイナンバーカードを所有する世帯主

【申請方法】

 マイナポータルにアクセスし、必要事項(住所や対象者、振込口座等)を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請する。(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要) 

くわしくは、マイナポータル(外部リンク)をご確認ください。

※マイナポータルAPのインストールが必要です。

※券面事項入力補助用暗証番号(数字4ケタ)と署名用電子証明書用暗証番号(英数字6から16ケタ)を入力していただく必要があります。

※パソコンで申請する場合は、ICカードリーダライタが必要です。

 オンライン申請案内フローチャートの画像

 

 総務省 特別定額給付金コールセンター

 電話番号 0120-260020 (平日・休日問わず午前9時から午後6時30分)

 


 特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺等にご注意ください

 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり、給付のための手数料の振込を求めることは、絶対にありません。

 このような不審な電話がかかってきたら、荒尾警察署(電話番号:0968-68-5110)までご連絡ください。

 

給付金詐欺被害防止チラシ(総務省)

給付金詐欺被害防止チラシの画像、それ、給付金を装った詐欺かもしれません。個人情報、通帳、キャッシュカード、暗証番号の詐取にご注意ください、特別定額給付金に関して、市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。市区町村や総務省などが、特別定額給付金の給付のために、手数料の振込みを求めることは絶対にありません、今般、政府予算案において決定された特別定額給付金については、住民の皆様へのご連絡や給付を行う段階ではありません、具体的な給付の方法等が決まり次第、速やかに広報いたします。現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることはありません。ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話、シャープ9110)にご連絡ください。荒尾警察署、電話番号、0968-68-5110


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 


 配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難をされている皆様へ

◎配偶者やその他親族からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なる等して避難している人で、事情により令和2年4月27日以前に、荒尾市に住民票を移すことができていない人は、荒尾市の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。

※「申出書」は、配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
※「申出書」は、荒尾市の特別定額給付金担当窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。

◎「申出書」には、配偶者やその他親族等からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、下記の書類のいずれかの添付が必要です。

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する「証明書」又は市町村、福祉事務所、民間支援団体等が発行する「確認書」
  • 保護命令決定書の謄本又は正本

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

※令和2年4月28日以降に荒尾市に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている人は、その旨を申し出れば市区町村において確認がとれるため、上の書類は必要ありません。

※ご自身で申出・申請することが困難な場合は、代理申出・申請が可能です。

※上記の「証明書」「確認書」について、申出時に提出できない場合には、給付金支給申請時に提出していただくことができます。

◎「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記入された、荒尾市の住所等の情報は知らせません。

◎特定定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。

 

以上の手続きをしていただくと、

  1. 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。荒尾市に申請を行っていただきます。
  2. 手続きを行った人とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主からの申請があっても支給しません。

 

お問い合わせ

荒尾市役所 総務課 特別定額給付金担当窓口

電話番号:0968-57-7162


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。