荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

高木尚雄写真展―記憶の未来を開催します

更新日:2020年2月18日

万田坑構内を会場に、元炭鉱マンの高木尚雄(たかきひさお)氏が撮影した写真を、音楽や映像、残された機械や道具を取り入れ展示。見る人と作品の記憶が交差する、「記憶」をめぐる作品をお楽しみください。

コロナウイルス感染拡大防止のため、本イベントは延期いたします。

延期後の開催期間については、後日お知らせいたします。

 

本企画展では、世界文化遺産である万田坑構内施設を会場として、元炭鉱マンの高木尚雄氏が撮影した写真を中心に、音楽や映像、残された機械や道具等を取り入れて展示空間を創りあげます。

「記憶」をモチーフに、空間のディレクションを大鶴健吾氏、音楽制作は石橋英子氏が担当。

単なる写真鑑賞にとどまらない、見る側と作品の記憶が交差するような体験へと誘います。

時の流れを映す万田坑の空間に入り込み、炭鉱とまち、そして時代の「記憶」をめぐる物語をお楽しみください。

 

  • 期間 令和2(2020)年3月4日(水曜)から3月29日(日曜)まで〔月曜日休館〕
  • 時間 午前9時30分から午後5時(最終入場は午後4時30分まで)
  • 会場 万田坑
  • 入場料 万田坑施設入場料(大人410円・高校生310円・小中学生210円)

記憶の未来ちらし(PDF 約3MB)

記憶の未来ちらし表



 

記憶の未来ちらし裏




 


 


 

 


 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 世界遺産・文化交流室
電話番号:0968-63-1274この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 市長室へようこそ
  • 荒尾市議会

市政に参加する

  • 出前講座
  • まちづくり提案箱
  • パブリックコメント

ウェブアクセシビリティ等級AAに準拠しました。