荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

都市施設

更新日:2015年4月9日

都市施設とは、都市計画法第11条第1項各号に定める施設をいい、これが都市計画に定められた場合「都市計画施設」といいます。

 

1.都市計画道路

都市計画道路は、市街地の骨格形成ならびに誘導という大きな役割を持ち、市民生活と都市活動を支える最も基幹的な交通施設です。

荒尾市では、昭和38年3月に大半が計画決定されましたが、モータリゼーションや市街化の進展に対応出来なくなったため、昭和56年3月、近隣市町と整合された計画変更を行い、22路線、延長61.14kmが決定されました。平成19年2月に社会情勢の変化を踏まえ、荒尾都市計画区域の全ての都市計画道路について必要性を検証した結果、5路線について全部または一部の計画を廃止しました。現在都市計画決定されているのは21路線、延長52.58km、改良率は60.1%(概成済を含めると64.1%)です。

現在県事業として荒尾海岸線、市事業として中央野原線の2路線を整備中です。
なお都市計画決定している路線は別表1のとおりです。

 

 

表:(別表1)都市計画道路
番号路線名
3.2.1荒尾海岸線
3.3.2荒尾停車場線
3.4.3赤田腹赤線
3.4.4市屋深瀬線
3.4.5原万田本村線
3.4.6南荒尾向一部線
3.4.7牛水睦合線
3.4.8蔵満万田線
3.4.9大谷長洲港線
3.4.10沖洲金山線
3.5.11荒尾平山線
3.4.12万田下井手線
3.5.13万田大島線
3.5.14大島荒尾線
3.5.15万田三川線
3.4.17田添馬渡線
3.4.18中央野原線
3.4.19中央大谷線
3.4.20大島西原線
3.5.21大平市屋線
8.6.1荒尾駅山の手線

 

※3.4.16宮内出目大平線は全線廃止
3.4.7牛水睦合線(旧増永睦合線)、3.4.8蔵満万田線(旧牛水万田線)、3.5.11荒尾平山線、3.4.12万田下井手線(旧万田本井手線)は一部廃止

 

2.その他の都市施設

 

 

表:その他の施設の内容
都市計画の種類名称面積(ヘクタール)当初決定年月日最終変更年月日
駅前広場荒尾駅0.6昭和38年3月2日 ―
火葬場荒尾市火葬場0.32平成元年3月4日 ―
ごみ処理場荒尾市ごみ中継基地0.48平成元年8月16日 ―
汚物処理場荒尾市し尿処理場0.61平成6年4月26日平成24年2月21日
下水道荒尾公共下水道1,264昭和43年10月4日平成23年2月7日

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 都市計画課 計画係
電話番号:0968-63-1487この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る