荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

自然観察用の双眼鏡を貸し出します

更新日:2013年12月6日

荒尾市では市内で行われる環境学習会などで使用できるように、貸出し用の双眼鏡を整備しました。
探鳥会の写真です


双眼鏡の写真


 

対象者

市内で行われる環境学習会などで使用を希望する個人または団体
市内在住者または市内を拠点として環境に関する活動を行っている団体

 貸出条件
  1. 器材の使用を市内での活動に限定すること。
  2. 器材の借入れおよび返却に伴う運搬を行うこと。
  3. 器材を借り入れてから返却するまでの間に、当該器材の故障、破損等が発生したときは、直ちに報告すること。
  4. 器材の使用後の点検を行い、原状に回復した上で返却すること。
  5. 借り入れた器材を第三者に転貸しないこと。
 申請方法

荒尾市環境学習器材借用申請書に必要事項を記入して、環境保全課環境企画調査係まで、郵送、ファックス、メールまたは直接持参にて提出してください。

貸出を承認するときは荒尾市環境学習器材貸出承認通知書で申請者に通知します。

 注意事項

申請は貸出しを受けようとする日の3か月前からできます。
貸出し期間は5日以内です。
貸出し数は40面までです。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾干潟水鳥・湿地センター
電話番号:0968-57-7444この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

カテゴリ内 他の記事