荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

2018荒尾市人権フェスティバルを開催しました

更新日:2019年1月10日

 12月1日、2018荒尾市人権フェスティバルを多くの皆さんのご来場をいただき開催しました。「人権の世紀」といわれる21世紀を迎えた今日、一人ひとりの人権を尊重し、同和問題をはじめとするあらゆる人権問題を市民とともに考え、「心の温もり」のあるまち荒尾をつくることを目的とした開催でした。

 まず、オープニングは、認定こども園荒尾めぐみ幼稚園の子どもたちです。大きなバルーンを使った演技で開会行事に花を添えました。第一部の子ども達からのメッセージでは、荒尾第一小学校・桜山小学校・荒尾支援学校の児童・生徒が人権について学習した成果を発表したり、周囲の人や郷土への思いなどを発表したりしました。

 第二部の人権講演会では、講師の福永宅司さんが「君をいじめから守る」と題し、いじめ問題にふれながらも生徒たち自身の力で乗り越えた学校の実話を一人芝居で表現。フィナーレでは、手話ダンス「ひびき」・桜ゆりかご会・NPO法人花梨の家「わがんせ」の各出演者たちが手話ダンスと歌を披露し会場を沸かせました。

 その他、市内の小学校・中学校・高等学校・支援学校や幼稚園・保育園・認定こども園・福祉関係施設などから絵画、標語、習字などの作品の出展がありました。

概要

主催

  荒尾市人権フェスティバル実行委員会・荒尾市・荒尾市教育委員会

協賛

 くまもと県北人権啓発活動地域ネットワーク協議会

開催日時

 平成30年12月1日(土曜日) 9時00分から13時35分まで

場所

 荒尾総合文化センター

参加者数

 約1,000人

会場の様子 

 オープニング



開会行事



子ども達からのメッセージ1

子ども達からのメッセージ2

子ども達からのメッセージ3

人権講演会

フィナーレ

フィナーレ1

展示作品

参加された皆さんのご意見やご感想(アンケートより)

  • いじめや差別をなくそう、そんな同じ思いを持った人たちが集まり、思いを共有することは、とても大切なことだと思いました。これからも続けていってください。
  • 各学校の発表では、子どもたちの学びについて知ることができたいへん勉強になりました。また、支援学校の生徒の司会も分かりやすく、とても素晴らしかったです。
  • 人権講演会に参加しましたが、いつもためになる話を聞けてよかったなと思いました。人権は大切な問題なので積極的に活動を続けていって欲しいです。
  • こんな講演は、はじめて聞きました。いろいろな問題提起があって、最後まで聞きのがしいたくないと思うほどでした。荒尾市に来てくれてありがとうございました。
  • 一人芝居は経験に基づく内容のあるもので、いじめ等について理解がさらに深まりました。
  • いろんな年代が参加できるフェスティバルは素晴らしくとても良かったです。いっぱい涙があふれてきて、心がほんわかとなる時間を過ごしました。本当に参加して良かったです。

 アンケートの結果、今回の人権フェスティバルに対して、「大変満足した」、「まあ満足した」と回答された人が全体の97.4%を占めました。また、参加したことで「人権問題についての関心や理解は深まりましたか?」の質問に対しては、「大変深まった」、「やや深まった」と回答された人が96.2%という結果でした。  


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 人権啓発推進室
電話番号:0968-62-1313この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る