荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

第四次荒尾市行政改革大綱の平成24年度実施状況

更新日:2013年3月18日

平成24年度の「第四次荒尾市行政改革大綱(平成22年度〜平成26年度)」の実施計画の進捗状況を平成25年2月に荒尾市行政改革推進審議会(会長 那須良介 荒尾商工会議所会頭)に報告しました。

 

平成24年度の主な取組は、荒尾市市民サービスセンター(あらおシティモール内)の業務拡張(使用料・保険料等収納事務の実施)や、運動公園施設への指定管理者制度導入などです。また、実施計画の項目に「地域公共交通の見直し」と「情報処理システムの共同利用の推進」との2項目を新たに追加、そのほか3項目の内容を発展的に修正するなどして取り組みました。平成24年度末時点で実施計画項目数98項目のうち、63項目が実施済みとなっていますが、今後も、未実施項目だけでなく、実施済項目の中で更なる発展的な取組ができるものについても、積極的に取り組みます。

平成25年度は、行政経営システムの構築や公立保育所の民営化、アウトソーシング推進計画の策定、国民健康保険特別会計の経営健全化などの項目に重点的に取り組む予定です。

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 行革統計係
電話番号:0968-57-7184この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る