荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

第四次荒尾市行政改革大綱の平成23年度実施状況

更新日:2012年3月26日

平成22年3月に策定された「第四次荒尾市行政改革大綱(平成22年度〜平成26年度)」の実施計画に定める取組項目について、平成23年度時点の実施状況を平成24年3月に荒尾市行政改革推進審議会(会長 那須良介 荒尾商工会議所会頭)に報告しました。

 

平成23年度の主な取組項目としては、荒尾市市民サービスセンター(あらおシティモール内)の業務拡張として、証明発行窓口の一元化や、収納窓口の充実・整備、パスポート申請の受付・交付事務の実施等の行政サービス改革を中心として、IP電話の導入やし尿汲み取り料金体系の見直し等に取り組みました。平成23年度末時点では、全ての実施計画項目数98項目の内、59項目が実施済みとなっています。今後も引き続き、未実施項目等の着実な実施を図るため、平成24年度には、行政経営システムの構築や職員提案制度の見直し、滞納処分の徹底、運動公園関連施設への指定管理者制度導入などの項目に重点的に取り組む予定です。

 

 

 
 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 行革統計係
電話番号:0968-57-7184この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る