荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市行政経営計画(第五次荒尾市行政改革大綱)(案)について答申をいただきました

更新日:2019年2月19日

 平成30年度中に策定を予定している「荒尾市行政経営計画(第五次荒尾市行政改革大綱)」について、荒尾市行政改革推進審議会の那須良介会長、鴻江圭子副会長から市長に対し答申がなされましたのでお知らせします。

 答申写真


意見交換




 

1.計画の概要

 「荒尾市行政経営計画(第五次荒尾市行政改革大綱)」は、本市の総合計画に定める将来像の実現に向け、組織や人材、財源など、行財政運営の面で政策推進を下支えする計画として策定するもので、本市の組織体質を客観的に見つめ直し、経営力の向上を図ることを目的としています。

 本計画に基づき、時代の変化に対応しながら、質・量の両面から持続可能な行政経営を行うとともに、市民の期待に応えるための新たなチャレンジに積極的に取り組む組織へと変革していくことを目指します。

参考:本市の総合計画に関する情報はこちらから→総合計画関連ページ

 

2.荒尾市行政改革推進審議会の概要

 荒尾市行政改革推進審議会は、本市の行政改革の推進に関する重要事項を調査審議するために設置する市長の諮問機関で、本市を取り巻く社会情勢や財政事情、多様化する行政需要に対応し、住民福祉の増進及び地域社会の活性化を図るための行政経営のあり方について協議を行っています。

 委員は、学識経験者や市民など9名で構成しており、今年度は「荒尾市行政経営計画(第五次荒尾市行政改革大綱)」について協議を重ねてきました。

参考:荒尾市行政改革推進審議会における協議経過はこちらから→荒尾市行政改革推進審議会関連ページ

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 行革統計係
電話番号:0968-57-7184この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る