荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市観光振興計画策定支援業務委託に係る公募型プロポーザル方式による事業者選定の実施結果について

更新日:2020年7月27日

本市では、令和2年度から令和3年度までの2か年で「第3期荒尾市観光振興計画(仮称)」を策定することとしており、策定に向けて必要な調査等について、業務委託を実施することとしています。実施に当たり、公募型プロポーザル方式により事業者の選定を行いましたので、実施経過及び結果につきまして、以下のとおりお知らせします。 

委託業務概要

業務名称

荒尾市観光振興計画策定支援業務

業務内容
  1. 「荒尾市観光振興計画(第2期)」(計画の内容は荒尾市観光振興計画(第2期)を策定しました(サイト内リンク)を参照)の検証に係る調査分析
  2. リピーターの増加やインバウンドの拡大などの誘客促進に向けた施策に係る調査分析
  3. 体験プログラムを含む観光資源の充実に向けた施策に係る調査分析
  4. 調査結果等を踏まえた今後目指すべき方針や施策等の提案
  5. 計画策定に関する各種会議への参画及び資料作成等の支援
履行期限

契約締結の日から令和4年3月18日まで

委託見積限度額

5,000,000円(消費税及び地方消費税を含まない)

実施要領・提出書類様式等

主なスケジュール

  1. 提案書の受付:令和2年5月7日(木曜日)から令和2年6月3日(水曜日)まで
  2. 評価委員会による一次審査:令和2年6月10日(水曜日)
  3. 評価委員会によるプレゼンテーション審査:令和2年6月22日(月曜日)
  4. 審査会による審査:令和2年7月1日(水曜日)

質議回答

5月7日から5月13日まで本件に対する質疑を受け付けたところ、以下のとおり質疑がありましたので、回答と併せお知らせします。

質疑の内容回答
参加表明書の添付書類のうち「業務実績一覧」について、類似業務と関連業務の定義は如何。類似業務については、自治体や民間事業者などが策定する観光振興に関する計画の策定支援として、各種調査分析や施策立案業務を総合的に受託した実績を指します。一方、関連業務については、上記計画策定支援のうち調査分析業務のみを受託した場合などを想定しています。
参加表明書の添付書類のうち「業務実績成果物」について、発注機関への守秘義務があるため既に公開されている資料しか提出できないが、その認識でよいか。提出いただく資料に基づき業務実績の評価をすることとしています。資料の選定については提案者においてご判断ください。
参加表明書の添付書類のうち「業務実績成果物」について、どのようなものを想定しているか。計画書、報告書を想定している場合、ページ数が多いこともあるが全ページの提出が必要か。提案者の支援を受けて自治体や民間事業者などが策定した観光振興に関する計画の計画書本体や、当該計画策定に伴い実施した各種調査分析の報告書などを想定しています。ページ数の多寡に関わらず、全ページをご提出ください。
参加表明書の添付書類のうち「業務実績成果物」について、提出する15部全てに3業務分の実績を添付する必要があるか。その場合、製本したものが不足するため、写しでもよいか。お見込みのとおりです。全ての資料について、写しをクリップ等で綴じたもので構いません。
参加表明書の添付書類のうち「業務実績一覧」には提案者である企業の名称を記載しないとあるが、「業務実績成果物」の中に企業名が記載されている箇所があれば、それについては全て消した状態での提出が必要か。 お見込みのとおりです。「業務実績成果物」においても、正本を除き、企業名が分からないような処理を施した上でご提出ください。
 参加表明書の添付書類のうち「納税証明書」について、法人の場合には、代表者個人の証明書も必要か。代表者個人の証明書は不要です。
各書類は郵送提出とあるが、当日の持込みは想定していないのか。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、郵送提出のみ受け付けることとしています。当日の持込みはご遠慮ください。
「提案書」についても、正本のみ企業名を記載し、副本には記載しないという理解でよいか。 お見込みのとおりです。
新型コロナウイルスの影響が未だに不確実な状況だが、仕様書に示されているスケジュールにはどの程度の柔軟性が許容されるのか。新型コロナウイルスの影響については、状況を踏まえて柔軟に対応する必要があると考えていますが、現時点では、仕様書にお示ししているスケジュールに則り業務を進めることとしていますので、仕様書に基づきご提案ください。ただし、当該影響を踏まえたスケジュールを別途ご提案いただくことを妨げるものではありません。
「荒尾市観光振興計画(第2期)」についての計画期間内における実施状況及び年度別の評価結果はあるか。「荒尾市観光振興計画(第2期)」の進行管理については、毎年度、具体的な施策ごとに実施内容を明らかにするとともに、成果の検証を行っています。ただし、評価結果については公表していません。
インバウンドの現状について把握しているか。提案時の参考としたいので、「国別の入込客数」等のデータを提示してほしい。

外国人宿泊者について、月ごとの国・地域別状況をまとめていますが、公表していません。現状把握の方法については提案事項であると考えています。

審査結果

最優秀提案事業者

住所:京都市右京区西京極池田町9-5西京極駅前ビル6階

株式会社ジャパンインターナショナル総合研究所

代表取締役 藤原 壮督

委託事業者

住所:京都市右京区西京極池田町9-5西京極駅前ビル6階

株式会社ジャパンインターナショナル総合研究所

代表取締役 藤原 壮督

契約金額

5,280,000円(消費税含む)

審査の概要(一次審査)
表:審査の概要(一次審査)
評価項目配点1位の事業者2位の事業者3位の事業者4位の事業者5位の事業者6位の事業者7位の事業者
業務実績2015.515.013.49.511.37.45.9
実施体制1087.65.65.85.66.46.1
提案内容107.85.15.56.04.16.55.8
合計4031.327.724.521.321.020.317.8
審査の概要(二次審査)
表:審査の概要(二次審査)
評価項目配点

株式会社ジャパンインターナショナル総合研究所

2位の事業者3位の事業者4位の事業者
一次審査4031.327.724.521.3
専門技術力6040.141.338.836.0
技術評価点合計10071.469.063.357.3
技術評価点換算(8割)8057.155.250.645.8
価格評価点2020.019.219.319.2
評価点数合計10077.174.469.965.0

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 産業建設部 産業振興課 観光推進室
電話番号:0968-63-1421この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る