荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市民病院 新病院(荒尾市立有明医療センター(仮称))建設基本構想を策定しました

更新日:2015年5月18日

 荒尾市は、平成26年8月22日、最も古い病棟が建設から45年を経過するなど、施設の老朽化が進んでいる荒尾市民病院の新病院建設に向けて、担うべき機能や役割、建設地、概算事業費、建設スケジュールなど、整備の大きな方向性を示す「新病院建設基本構想」を策定しました。
 新病院は、既存の診療科を堅持しつつ、高齢化の進展に伴う患者の増加にも対応できるように、神経内科の拡充、呼吸器内科の常勤医師の確保、地域救命救急センターや災害拠点病院の指定を目指します。病床数は現在と同規模の274床で、急性期医療を対象とした一般病床(230床程度)のほか、地域に不足している急性期後の患者の受け皿として、回復期リハビリテーション病棟(40床程度)を創設して在宅復帰支援機能を強化します。
 また、建設地は荒尾競馬場跡地、概算事業費は約98億円で、平成31年度中の開院を目標に整備を進めていきます。
 今後は、新病院の基本設計に向けて、病院内の各部門の運営方針と各諸室の構成や配置など、設計に必要な各種条件などを取りまとめる「新病院建設基本計画」の検討を進めます。

 

 

検討の経過

下記リンク先をご覧ください。

 

 

「荒尾市民病院 新病院(荒尾市立有明医療センター(仮称))建設基本構想(案)」が答申されました。

  平成26年7月30日に、荒尾市民病院あり方検討会を代表して、小野友道会長(熊本保健科学大学学長)から市長に対し、「荒尾市民病院 新病院(荒尾市立有明医療センター(仮称))建設基本構想(案)」が答申されました。
 この基本構想(案)では、市民や利用者からの意見を踏まえて、市民病院が担うべき役割や機能、施設規模、建設地など、新病院の方向性が取りまとめられています。

 また、これまで荒尾市民病院が荒尾市内のみならず、有明地域の命と暮らしを守ってきた経緯から、新たなスタートを切るという意味も含めて、新病院の仮称を「荒尾市立 有明医療センター」とし、今後、新病院の開院に合わせて、市民や利用者の声を聞きながら、正式な名称を検討することが確認されました。

 なお、荒尾市は、検討会の答申を尊重しながら、平成26年8月中に基本構想を策定する予定です。

 

 

答申の様子の写真



 


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市民病院 病院建設室
電話番号:0968-63-1115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る