荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市民病院 新病院建設基本計画(案)が市長に答申されました

更新日:2015年2月13日

平成27年1月28日に、荒尾市民病院あり方検討会(会長:小野友道熊本保健科学大学学長)から市長に対し、「荒尾市民病院 新病院建設基本計画(案)」が答申されました。
 この基本計画(案)は、新病院の担うべき役割や機能、病床数のほか、新病院の建設地や概算事業費についても方向性を定めた『新病院建設基本構想』を踏まえて、新病院の設計・施工へと前進するために、具体的な施設機能の要件が取りまとめられたものです。
 また、そのほかにも、安定した経営基盤の下、良質な医療を提供することができるよう、新病院建設事業の長期的な収支シミュレーションや設計・施工の発注手法、経営形態の方向性についてまとめられています。

答申の様子

 

これまでの経緯については関連リンク先をご覧ください。

関連リンク

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市民病院 病院建設室
電話番号:0968-63-1115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る