荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

第5次荒尾市総合計画を策定しました

更新日:2012年6月29日

 総合計画とは、今後のまちづくりを進める上での市民と行政の共有の指針となるもので、市の将来像やまちづくりのあらゆる分野にわたる計画であり、市の最上位計画に位置づけてられるものです。

   本計画の策定にあたっては、各種団体の実務担当者による「まちづくりワーキンググループ」からの提言やパブリックコメントなど、多くの市民の皆さんの意見を反映するとともに、「荒尾市総合計画審議会」での8回にわたる審議を踏まえて、「基本構想」(平成24年度〜平成33年度)を平成23年12月に、「前期基本計画」(平成24年〜平成28年度)を平成24年3月に、それぞれ策定しました。

 基本構想では、『ふるさとへの誇り 人のつながりを大切にした 自然と夢にあふれるまち「しあわせ 優都 あらお」』を将来像と定め、第4次荒尾市総合計画での、暮らしやすさの向上や協働のまちづくりの推進の方向性は継承しつつ、産業の活性化や交流人口の増加による地域の賑わいの創出により、市民一人ひとりが『しあわせ』を実感できるような、有明地域の優都を目指すというもので、目標人口を56,000人に設定しています。

 また、前期基本計画では、全体指標として、今後5年間の目標を、「人口55,000人」、「暮らしやすさの満足度 50%」と定めるとともに、基本施策(30施策)ごとに、「施策成果の主な指標」を定めています。各施策を展開する際には、計画の推進(6施策)を踏まえ取り組むことで、『しあわせ 優都 あらお』の実現を目指します。

 特に、今後5年間で重点的に取り組むリーディングプロジェクトを『有明優都戦略』として、市民・民間団体・行政の協働により「健康のまちプロジェクト」「子どものまちプロジェクト」「産業のまちプロジェクト」「観光のまちプロジェクト」「暮らしのまちプロジェクト」の5つのプロジェクトに取り組みます。

     第5次荒尾市総合計画の 詳しい内容は、下記のファイルをご覧ください。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 総合政策課 政策推進室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る