荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

地域再生計画について

更新日:2021年4月30日

 地域再生計画は、地域再生法(平成17年法律第24号)に基づき、地方公共団体が自主的かつ自立的な取り組みにより、地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出など地域の活力の再生を推進するために策定するものです。

 地方公共団体は、地域再生計画を作成し、内閣総理大臣の認定を受けることで、当該地域再生計画に記載した事業の実施に当たり、財政、金融等の支援措置を活用することができます。

荒尾市の地域再生計画

表:荒尾市の地域再生計画
 計画書(最終変更後)認定回認定日最終変更日計画期間
「あらおファン」拡大による移住促進×地域コミュニティ活性化プロジェクト(PDF 約300KB)55回令和2年3月30日令和3年3月30日認定日から令和5年3月31日

公共交通の利用機会拡大による新たな地域需要創出事業(PDF 約480KB)

59回令和3年3月30日認定日から令和6年3月31日
「荒尾梨」産地魅力化プロジェクト(PDF 約455KB)59回 令和3年3月30日認定日から令和6年3月31日

 

「あらおファン」拡大による移住促進×地域コミュニティ活性化プロジェクト

 観光資源の活用による海外を含めたプロモーションの強化を行います。また、観光消費額の向上と、農業者の所得向上を図るため、新商品の開発や海外への販路開拓等に取り組みます。さらに、これらの取り組みを一体的・継続的に行うため、観光協会を中心とする民間組織の育成・確立を行いながら、観光産業の成長産業化を図ります。

 また、本市を継続的に訪れる観光客に対し、情報発信の強化による関係性の強化を図り、将来的な本市への移住候補者として働きかけを行います。

公共交通の利用機会拡大による新たな地域需要創出事業 

 AIオンデマンドタクシーの利用促進を図りながら、AIを用いたビッグデータの活用による市内公共交通網の充実により、公共交通利用者の利便性向上を図ることで、公共交通全体の利用者増によるコンパクトシティ化の推進に加え、移動と関連する医療・介護、商業、観光分野といった様々な政策分野との連携により、高齢者支援・子育て支援など市民生活を充実させつつ、コロナ禍に適応しながら効果的・効率的な事業を開発、実施することで、暮らしやすい社会環境の整備とまちの賑わいの両立に繋げます。

「荒尾梨」産地魅力化プロジェクト

 「荒尾梨」は荒尾市を代表する特産品であり、九州最大級の梨の産地となっている。昨今の気象災害や社会情勢の変化等に対応していくため、「荒尾梨」の梨農家・JAたまな・荒尾市が一体となって、「荒尾梨」のブランド開発やECサイト等を活用した販路拡大に取り組むことで、梨農家の経営の安定化、農業所得の向上につなげ、持続可能な梨の産地を目指します。

 また、道の駅整備を契機に、市内飲食店や地元高校と連携した地産地消・食育を推進し、地域経済の活性化、郷土愛の醸成、交流人口の拡大等につなげます。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 総合政策課 政策推進室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る