荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

荒尾市総合計画(地区別計画)策定支援業務委託に係る公募型プロポーザル方式による事業者選定の実施について【質疑回答】

更新日:2019年5月15日

  荒尾市総合計画(地区別計画)策定支援業務委託の実施に当たり、公募型プロポーザル方式により事業者の選定を行っています。業務内容等の詳細は、以下の実施要領等をご覧ください。

 なお、期間中に受け付けた質問の内容と回答につきまして、以下に追記していますので併せてご覧ください。

 

業務委託概要

業務名称

荒尾市総合計画(地区別計画)策定支援業務

業務内容
  1. 地区(旧小学校区/全12地区)ごとのワークショップ等の実施
  2. ワークショップ等の実施結果を踏まえた地区別計画の策定に対する支援
  3. 地区別計画を踏まえた総合計画の計画方針や政策骨子に対する助言
  4. 総合計画策定に関する各種会議への参画及び支援
  5. 市民2,000人を対象としたアンケート調査の設計・分析に関する助言
履行期限

契約締結の日から令和2年2月28日まで

委託見積限度額

2,940,000円(消費税及び地方消費税を含まない。)

 

 

実施要領・提出書類様式等

 

主なスケジュール

  1. 参加表明書の受付:令和元年5月7日(火曜)から令和元年5月20日(月曜)まで
  2. 提案書の提出期限:令和元年6月3日(月曜)まで
  3. 評価委員会によるプレゼンテーション審査:令和元年6月中旬予定
  4. 最優秀提案事業者の決定通知:令和元年6月下旬予定

 ※このスケジュールは、参加者の状況、審査の進捗状況等により若干変更する場合があります。

 

質疑回答(5月15日追記)

 5月7日から5月13日まで本件に対する質疑を受け付けたところ、以下のとおり質疑がありましたので、回答と併せお知らせします。

 

質疑の内容と回答
質疑の内容回答
「市内中学生・高校生を対象とした今後のまちづくりに関するワークショップに対する運営方法の助言」については【提案事項】とされているが、提案書の中で、当該ワークショップの具体的な運営方法について提案するという理解でよいか。

お見込みのとおりです。

当該ワークショップに係る提案内容についても評価対象といたします。発注者と受注者の役割分担を含め、ご提案ください。

「市民2,000人を対象としたアンケート調査」の実施に当たっての業務(調査票の作成/調査票の印刷/発送・回収/集計)及びその実施経費は委託業務に含まれていないという理解でよいか。

お見込みのとおりです。

発注者で作成する調査票の内容などに関する助言や、分析方法に関する助言等を想定しています。

仕様書の中の一部分に【提案事項】とあることについて、評価項目からは全体的に提案が必要かと思われるが、その意図はどこにあるか。 お見込みのとおり全体的にご提案をいただくことになりますが、実施時期や実施方法などを発注者側である程度想定しているものと、そうでないものを分ける意図で【提案事項】と記載しているものでございます。

【提案事項】としている項目については、幅広い見地から、ご提案をいただくことを期待しています。

地区ごとのワークショップの1回ごとの実施時間の想定はあるか。

参加者の負担感を軽減する観点から、長くても2時間程度を想定しています。

しかし、実施時間を制約するものではないため、参加者の満足感、充実感が高まるような内容のご提案を期待しています。

「市内中学生・高校生を対象とした今後のまちづくりに関するワークショップ」については、何人規模のワークショップを想定しているか。詳細について決定していることはあるか。開催時期(夏休み期間中)を除き、実施方法については今後検討していくこととしているため、幅広い見地からご提案いただくことを期待しています。

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

荒尾市役所 総務部 政策企画課 総合政策室
電話番号:0968-63-1273この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る