荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

燃えるごみの出し方

更新日:2015年11月19日

主な品目

  • 生ごみ
  • サンダル
  • まくら
  • ぬいぐるみ
  • 紙くず(名刺以上の大きさの紙はリサイクルへ)
  • プラスチック製品(トレイ、ペットボトルはリサイクルへ)
  • 皮革製品類
  • ゴムホース(80センチメートル以内に切る)

出し方

  • 家庭のごみは薄緑色の有料指定ごみ袋に、事業者のごみは薄橙色の有料指定ごみ袋に入れて午前8時30分までに出してください。
  • ごみがこぼれないように、袋をしっかり結んで出してください。
  • しっかり分別をして指定袋に入れ、決められた日時・場所に出してください。          

 ※ごみを出す日は、「ごみ・リサイクル年間カレンダー」で収集日を確認してください。

剪定枝など

剪定枝など(木、竹類)は、1回2束まで無料で収集します。枝の直径が10センチメートル、長さが80センチメートル以下のものをひもなどで束にして30センチメートルくらいの状態で出してください。

分別の徹底にご協力を

荒尾市のごみは、大牟田市のRDFセンターに搬入して処理をしています。RDFセンターで燃えるごみを固形燃料化して、発電所で燃やし、電気を作っています。燃えるごみの中に燃えないごみが混ざると、機械の故障原因になります。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 市民環境部 環境保全課 環境業務係
電話番号:0968-63-1370この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る