荒尾市コンテンツ目次



前のページに戻る

排水管の点検や洗浄の勧誘にご注意を

更新日:2020年11月9日

排水管の点検や洗浄の勧誘にご注意!

「無料点検」のはずが洗浄の勧誘、「料金3,000円」のはずが高額に。

 荒尾市をはじめ全国の消費生活センターで、排水管や排水桝等(以下、排水管等)の洗浄サービスに関する相談が増えてきています。

事例

  • 「排水管高圧洗浄、1か所3,000円」と記載されたチラシが投かんされていた。台所の排水管詰まりが気になっていたので安いし頼んでみることにした。数日後、訪問した作業員から、「排水管が詰まっているので高圧洗浄では対処できない、詰まり解消は別料金になる」、「風呂場の排水管なども点検したら詰まりがある」などと言われ、合計で40,000円を超える請求をされた。払わなければならないのか。
  • 自宅に突然事業者が訪問し、「排水管の無料点検を行っている」と勧誘された。無料であるならと安易に点検を依頼したが、点検後、「排水管が詰まっていて、このままにしておくと後々で大変なことになる。今なら高圧洗浄を13,000円で行っているがいかがですか。」と勧められ、よく考えないで依頼した。契約書もないがキャンセルしたい。どうすればいいか。

消費者へのアドバイス

  • チラシに表示されている料金の条件や内容は慎重に確認しましょう。

 チラシを見て排水管等の洗浄を依頼する場合にも注意が必要です。チラシに「3,000円」等と大きく表示されていても、その金額は1か所あたりの費用であることや排水管等の長さによって費用が異なること、詰まりの場合は別途お見積もりとなること等、費用に関する詳細な説明等が小さな文字で記載されていたりすることがあります。チラシの内容をしっかりと確認し、安さにつられて安易に依頼しないようにしましょう。

  • 「無料で点検する」等と勧誘してくる事業者に安易に応じないようにしましょう。

 訪問した事業者から排水管等の無料点検を勧められて、「点検だけ」のつもりで応じたとしても、点検後に排水管等の洗浄を勧誘される可能性があります。洗浄の勧誘時に「このままだと大変なことになる」等と不安をあおられることもあり、その場で冷静に契約の必要性を判断することが難しくなる可能性もあります。たとえ無料であっても、安易に応じず事業者を家に入れないことが重要です。断る際は「必要ありません」「帰ってください」等とはっきり伝えましょう。

  • 事業者の説明をうのみにせず、必要がない契約はきっぱり断りましょう。

 事業者から排水管等の状況を伝えられても、うのみにせず、自分でも確認をしたり事業者に充分な説明を求めたりすることが重要です。その上で、洗浄が不要であれば、契約を勧誘されてもきっぱりと断りましょう。排水管等の洗浄の契約をきっかけに、事業者からさらなる点検や別の作業の契約を勧誘されるケースもありますので注意しましょう。

ポスティングチラシのイメージ画像 荒尾市にお住いの皆様へ 通常X万円前後かかる排水管の高圧洗浄を地域一斉により格安で実施します。格安など低価格で実施可能である旨の記載がある。「XX地区の皆様へ」「地域一斉」等、自治体による案内であると誤認させるような表現がある。高圧洗浄料金 X円、申込受付期間 令和2年X月X日まで、洗浄せずに放置すると、悪臭、害虫、漏水漏れ等の原因になります。X年以上排水管メンテナンスをせず放置されている方は、ぜひこの機会をご検討ください。お問合せ先と電話番号が記載されており、料金は1カ所あたりX円、Xメートルごとに1カ所として扱う。など、費用に関する詳細な説明等が小さな文字で記載されていたり、目立たない部分に記載されていたりする。



 

不安な時は、荒尾市消費生活センターまでご相談ください

 不安に思った場合やトラブルになった場合には、一人で悩まず最寄りの消費生活センター等に相談しましょう。

荒尾市消費生活センター

 場所:荒尾市役所1階 総合案内前

 開設日時:月曜日、火曜日、水曜日、金曜日(木曜日、土曜日、日曜日、祝日は休み) 午前10時から午後4時

 電話番号:0968-63-1173 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは荒尾市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

荒尾市役所 保健福祉部 福祉課 保護係
電話番号:0968-63-1409この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る